音楽

2017年07月15日

達成してもヨカですか?


名称未設定

・・・ということで、

先ごろ最新リマスタリング盤の商品化企画がなされた故・佐藤博氏のアルバム【Good Morning】が規定数に到達し、めでたく商品化が決定したことを手短にご報告申し上げ、本日の佐藤博的更新を・・・

名称未設定2

名称未設定3

コッチもあと一息!頼むYO!!

募集残り半月あまり的に〆たいと思います

ハイ!

nobu1964jp at 12:27|PermalinkComments(2)

2017年06月22日

コイツも頼むよ!


まあネタがアレなんで、二年前のこの日画像ですが・・・

DSC05137

リマスタリング再発された故・佐藤博氏のアルバムCD三枚。

これに続くアルバム三枚がオーダーメイドファクトリーにて最新リマスタリングにて発売・・・はまだですが、商品化希望が予定数に達したらめでたく発売の運びとなるとのことで、関係各位には・・・


【ぜひ参戦を!】


曽於強く願ったところで、本日の更新を〆たいと思います
ハイ!

nobu1964jp at 20:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年12月12日

Ugreen的に・・・


ど〜もです。


最近手抜きし過ぎてネタが溜まりがちな…nobuです。


ぉ金は相変わらず貯まらないんですけどね(爆)





・・・ということで(汗)、

DSC06956

ハイ…いつもの散財ネタ!

もう一月前のコトですが、いつもの密林でポチったコチラ

DSC06957

ご覧のオーディオケーブル…R/Lの出力端子からスピーカーへ入力するモノです。
今まではCDプレーヤー(←コレもまた古いヤツ)のヘッドホン出力をスピーカーへ入力してましたが、出力ボリュームを上げると曲によっては音が割れていたので・・・通常の出力端子からとれば『ちょっとは音が良くなるかな?』と思い購入した次第。

これの逆方向接続のソレはどこにでも売ってますが、このタイプのヤツは見たところなかったのでAmazonで購入。

DSC06958

パッケージを開けると思いきり中華チックなソレが出てきましたが、Ugreenなるメーカーの品・・・

あ、ブツの写真撮り忘れたのでアレですが、見た目はキレイで高品質っぽかったです。

DSC06959

・・・ンで、期待しつつJBLのスピーカーに接続してみましたが・・・


まあやっぱり音は割れますね(笑)


もともとパソコン用のスピーカーなんで、USB接続が『本来の使い方なのかな?』と思ったところで、本日のオーディオケーブル的更新を・・・


『安眠のために怨霊(違)は控えめに…』


しっかし、最近いい夢見てないな敵に〆たいと思います

nobu1964jp at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月27日

HIROSHI SATO 的に…


ど〜もです。


『故・佐藤博氏のリマスターも、いっちょう頼むYO!!』


・・・なんて願いが届いたかドウか知りませんが、今年になって再発が決定したコチラが届きました。

DSC05137

アルファレコード時代の同氏のアルバム3タイトル。


大変精緻な音作りをされていた佐藤博氏ですが、この頃のCDは音圧が低く最近のソレと比較すると『もうちょっとイイ音で聴けたらなぁ…』と思っていたので嬉しいリマスター盤の発売でした。


さっそく聴いてみようと就寝前にCDをセット…しようと思いましたが、リマスター盤はボーナストラック入りだったので・・・


寝入りばなの曲順的に・・・



『最後に派手な曲が来るのはアレだな



・・・と、


今回は再発盤購入記念的に、とりあえずオリジナルの旧盤にてソレしたことを自慢気にご報告申し上げ、本日の HIROSHI SATO 的更新を・・・

DSC05138

『特典TシャツもGet!!したYO!!


でもMサイズなんで多分着ないだろうけど敵に〆たいと思います(笑) 

nobu1964jp at 21:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年03月26日

おっと、いけない

忘れてた(更新)


まぁ、たまにはコンな日もあると優子とで


ソンなワケで、忘れた頃に…(再発決定!)

image

ハイ(嬉)

nobu1964jp at 23:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年01月09日

ナニかと糸が切れた時は・・・


張り替えましょう

DSC04432

・・・ということで、


実はギター所有歴35年(←弾けると優ワケではない・汗)であることを…そこはかとなくご報告申し上げ、本日の若干緊張プッツン的更新を・・・

DSC04433

アコギに〆たいと思います。

ハイ!(汗) 

nobu1964jp at 20:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年01月08日

ボチボチ目覚めてヨカですか?


ど〜もです。


本日ようやく社会復帰したnobuです…m(_ _)m



『さあ…明日から仕事始め


…っ酎日の未明に喉の痛みと咳で目が覚め、夜には37度超の発熱。


翌日には38度とさらに熱が上がりインフルエンザの診断。イキナリの三連休となってしまいました(汗)



ンまぁ…10年前に罹った時は40度を超えてかなりキツかった記憶があるが、その時と較べると・・・少々熱っぽくてボーッとする(←常にボーッとしてるという説あり)程度で、大してキツくはありませんでした。
身体の節々の痛みも皆無です



しかし今回の発熱で分かったことは、、、

DSC04427

コレって平熱?ちと…低過ぎじゃね?(汗)


これは体温計の誤差のソレかと思いますが、昔と較べるとどうも体温が下がって寒がりになってきてる気がします。
(解熱剤の成果鴨)



ソレはソレとして、、、



昨年のネタで恐縮ですが・・・

DSC04428

ハイ…暮れに届いたコチラの茶封筒、中身はと優と・・・


コレ

DSC04429

故・佐藤博氏のアルバム、アウェイクニング(awakening)。


ムチャクチャ記憶の酔い方なら反応される鴨…ですが、、、


ハイ

DSC04430

またまた同じタイトルのソレが…(笑)


今回のものは最新リマスターとボーナストラック付きと優子とでしたが、実はもう一枚の方も・・・

DSC04431

10年ほど前に購入したモノで、こちらも当時のリマスター盤。

初盤は1982年だそうで、実はその初盤のCD化盤も持ってたのですが・・・当時は余り聴くこともなく売っ払ってしまったので、コレで通算三度目の購入っ酎コトになります


ワタクシ的にはもう十分に高音質な一枚を持っていたのでアレでしたが、今後出るかも知れない新たな音源と過去の他作品のリマスターを願いつつお布施的に…(願)

ハイ! 

nobu1964jp at 21:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年12月30日

死してなお・・・



ナイアガラ商法は健在なり!(爆)






・・・ということで(汗)

DSC04295

先日またまた密林から届いたコチラの茶封筒。


ハイ…超ショックだったあの日から早くも一年が経ち、多くのファンの方々の心中も一応の区切りがついたトコロかと思いますが・・・


商法的にはまだまだ終わりが見えません(笑)

DSC04296

ソンな…商法に乗せられてまたも買ってしまったコチラ


大瀧詠一氏の【 Best Always 】・・・いわゆるベスト盤ですが、ワタクシトーゼンの酔うに・・・ほとんどの楽曲をすでに所持イタしております。


ただ…ただですね、ちょっとしたヴァージョン違いだったり、未所持の楽曲が2〜3あったり、ボーナストラックでカラオケが付いていたり・・・

DSC04297

・・・で、


またまたン千円のお布施をしてしまったことをナイアガラーの悲しい佐賀的にご報告申し上げ、本日の一周忌的更新を・・・


またなんか出るらしい!


…敵に、そ〜っと〆たいと思います(汗) 

nobu1964jp at 00:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年10月09日

新婦でなくてもヨカですか?


ど〜もです。


今日がナニかの日だった気がする…nobuです。



道具の日
東急の日
トラックの日
塾の日
熟成肉の日(なんじゃ、そら…


他にも、、、

2199年には、宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルに剥けて旅立つ日なんだ曽於ですYO!!(爆)



ソレはソレとして(汗)、


ワタクシまた性懲りも無く…コンなモノを買ってしまいました。

DSC04125

ハイ、久々の音楽CD・・・昔懐かし【久保田早紀】です。


現在をさかのぼること…え〜と、、、35年前ですか?!
【異邦人】の大ヒットで知られ、あの頃ソレなりの年代だった方々は皆ご存じかと思います。

活動期間はわずか5年ばかりだったンですが、デビュー曲とファーストアルバムの印象があまりに良くて・・・その他にもちょっとした共通点を見つけたりして、勝手に親近感を覚えたアーティストでもあります。

DSC04126

さてさて・・・ワタクシこうして時々音楽CDなんぞ買っておりますが、新婦…おっと、新譜なんてのはほとんどなくて・・・そのほとんどが旧譜ばかり。

当時の子供のお小遣いで買うにはあまりに高かったんで、こうしてイイ大人になってから散財しまくってるワケです(笑)


・・・ンで、散財の重ね塗り的に・・・ハイ

DSC04127

なんか…似た酔うなのが並んでますが、ナニか?(汗)



ンまぁ…コレなんてのは、

DSC04128

初めて買った一枚なんでアレですが・・・


その他のCD・今まで持ってたのは、廉価版のいわゆるCD選書のソレ。
特段不満も無かったのですが、『そう言えばあのアーティストは…』なんてググった日には、コンな・・・

DSC04129

従来のCDよりも高品質と優…【ブルースペックCD2】バージョンがなんてのがヒットしてしまうワケで、、、


まぁた!買っちゃったぢゃないか!(爆)


そもそもソンな高音質を再現出来る環境もないくせに、毎度々々のリマスター商法に乗せられていることを恥ずかしげもなくご報告申し上げ、本日のまたまた余剰CD的更新を・・・


『故・佐藤博氏のリマスターも、いっちょう頼むYO!!』


またまた旧譜の再発待ち敵に〆たいと思います

nobu1964jp at 22:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年09月09日

ようやくスカッと

秋らしいお天気になりました(涼)

DSC04000

先月から『雨が降らない日はないっ!』酎ほど…ぐずついた毎日でしたが、今朝はヒンヤリ季節の移り変わりを実感出来ました(爽)



ソンな爽やかな気持ちを打ち砕いたのは・・・



続きを読む

nobu1964jp at 21:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年04月12日

昨日に引き続き・・・

またまたナイアガラネタでヨカですか?

DSC03366

・・・ということで、コレも先月入手した大瀧詠一の特集本。

昨日ご紹介したソレは特集号にて師匠の記事はごく一部でありましたが、こちらの方は増刊号。


中身は丸々【Talks About Niagara】っ酎コトで、ナカナカの読みごたえであります。本の厚みも違いますし

DSC03367

しかしながら、、、


昨日も今日もソノ内容に一切言及しないコトに関して・・・『未だTGTGにパラパラとめくっただけ(眺)』っ酎のは、ココだけの話です。


…ンじゃ、明日あたり…晴耕雨読的に読んでみるか…


ハイ!(汗) 

nobu1964jp at 21:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年04月11日

コレクターではありませんが・・・

またまたコンなの買ってもヨカったですか?

DSC03254

・・・と言うことで、

若かりし頃の師匠が表紙のレコード・コレクターズ誌。追悼特集と言うことでついポチってしまいました

nobu1964jp at 19:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2014年03月29日

リマスタリングでもヨカですか?

・・・ということで先日届きました

DSC03270

大瀧詠一氏の最後のアルバムEACH TIME 30th記念盤。


パッケージには【Final】と【Niagara-FOREVER-】の文字が。。。
氏がリマスタリングを手掛けた文字通り最後の作品となってしまいました。


当初は、音質がグッと良くなった20th盤を持っていたし音の違いも大して分からないので『別に買わなくてもいいかな…』と思ってましたが、やっぱり最後となると…ネ!

DSC03271

虎は死して皮を残すと言いますが、私の多感な時代にコンなヨカ楽曲を遺してくれたことに感謝です。


ワタクシ敵には万一アレしてもナニも残りませんが(汗)、初期の頃は画像が小さすぎてソレなので…とりあえず本blogだけでもぼちぼちリマスタリングしてヨカですか?

ハイ!(小→大) 

nobu1964jp at 20:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年03月18日

ソンなワケで、またまた・・・

Niagaraネタでヨカですか?

DSC03245

・・・ということで、

今回は大瀧詠一氏の楽曲をオーケストラで演奏したインストゥルメンタルアルバム【NIAGARA SONG BOOK・2】を安眠のお供として購入したことを手短にご報告申し上げ、本日のナイアガラー滝更新を・・・


『寝る時は、PC消して、ぉ布団で
 

寝落ち撲滅推進協議会敵に〆たいと思います

nobu1964jp at 20:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年03月11日

三陸かもめ

ど〜もです。


あの日から早くも丸三年ですね…nobuです。


この間、地球が太陽の周りを3度廻って、海面を上下させるほどの引力を持つお月さんに毎日毎日引っ張られてるワケで・・・薄っぺらい地表に住んでいるワタクシ敵にはナンとも心もとない気がしますが…(汗)



・・・ソンな・・・ドウにも〆ようがないネタはとりあえず置いといて、、、



本日は、震災で亡くなられた方々にあらためて哀悼の意を捧げるとともに、昨年急逝された大瀧詠一氏を偲んでみてもヨカでしょうか?

DSC03230

・・・ということで、


某所で情報を得て通販で取り寄せたコチラ・・・【三陸かもめ】なる情報誌。


 詳しくはコチラをご覧いただくコトとして・・・コレの2月号の特集に【私の知っている大瀧栄一氏のこと】として、高校時代からのご友人の方々が大瀧詠一氏の思い出を寄稿しておられます。

DSC03231

いろんなトコロで追悼コメントが出てますが、多感な少年時代を過ごした釜石でのコトや、プロになってからも続いた交流のなかで打ち明けられた悩みや暮らしのこと、故郷への思いや被災した旧友への気遣いなど・・・今まであまり知られていなかった部分を語れるのは、ホントのご友人ならではかと思いました。


ご本人にしてみれば、個人的なコトはあまり語って欲しくなかったかも知れませんが、ファンとしては…聴く者を魅了してやまない楽曲の向こうにある、氏の【人となり】に触れることが出来たような気がして『ヨカッたな…』と思ったコトを謹んでご報告申し上げ、本日のナイアガラー滝更新を…追悼滴に〆たいと思います

nobu1964jp at 14:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年03月10日

ナンだカンだで…

結局ワタシもナイアガラーnanoでしょうか?

DSC03232
(【EACH TIME】のLP版以外はワタクシ購入)

・・・ということで、

ワタクシが初めて買った大滝詠一氏のアルバムはご存知【 A LONG VACATION】のLPレコード。
CD版となった同アルバムはもちろんのコト、その後【EACH TIME】【NIAGARA TRIANGLE VOL.2】と続き、さらにソレらのリマスタリング盤である20th・30th盤と買いそろえた結果がコレにて…(爆)

あとは同氏が手がけた最後の音源【EACH TIME】の30th盤が届けば、いちおうコレらのシリーズが完結することをご報告申し上げ、本日のナイアガラー瀧更新を・・・


Niagara! Forever!! 滝に〆たいと思います 

nobu1964jp at 20:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年12月26日

クリスマスの約束・・・

・・・などというものにはトンとご縁が無い私ですが(涙)、昨夜はお約束の音楽番組・・・ちゃんと録画していたにも関わらず、わざわざ真夜中・最後まで観てしまいました(笑)


クリスマスの約束
















いや〜しかし、もう・・・還暦ですか?!小田サン。

歳を感じさせないあの高音も素晴らしいですが、還暦を迎えてなお瑞々しい感性で素敵な楽曲を作り続ける・・・来年はツアーも予定されてるそうで、ホント楽しみですね。


同年代の方にとってはもちろんのこと、私のように思春期〜青春期に初めてオフコースを聴いた世代にとっても・・・こうして今も変わらず第一線で活躍していることは勇気づけられます。
(しかしこの世代の人たちって、やたら元気ですね・笑)


さだまさしは相変わらずオモロイし、佐野元春も・・・なかなか渋い初老の佇まい(笑)。声がちょっとキツそうな感じで気になったけど、まだまだ大丈夫ですよね?!


【SOMEDAY】は好きな曲だし、カラオケ的には18番・・・というワケではありませんが(笑)、全てにおいて【懐かし路線】の私にとっては、こういう人たちが居なくなると、もう・・・聴く音楽が無くなってしまう気がします(寂)

皆さんいつまでも元気で、身体に気を付けて頑張ってもらいたいものです(笑)





さて、そんな世代のミュージシャンの中でも・・・私が最初に音楽を(積極的に)聴き始めたきっかけはというと、やっぱりこのグループでしょうか。


チューリップDVD




























今年デビュー35周年を迎えた【チューリップ】・・・一度は解散したものの、1997年の再結成ツアーを皮切りにライブ活動など行ってきましたが、今回のツアーがホントに最後の最後!長きにわたったグループとしての活動を終えることを宣言しております。




今回は残念なことにスケジュールの関係でライブは観に行けそうにないのですが、「もう最後」ということでいろんな企画モノが出ており、お財布的には少々痛かったのですが・・・私も自分へのクリスマスプレゼントってことでこんなDVDを買ってしまいました。


チューリップDVD2


























一部の映像はマスターテープが存在せず、ホームビデオからの編集だとかで・・・画像的にはかなり乱れたものもありましたが、「あぁ、この映像・あの頃確かに観たな〜!」と、はるか20年以上前の・・・テレビの前の【一瞬】の記憶を蘇らせてくれたライブ映像にしっかりと浸ってしまいました。
(ワケの分からん映像や小芝居も多かったですが・爆)




他にも、廃盤となっていたCDが再販されたり・・・


チューリップCD















あまりに高額なヤ○オクの入札額に歯噛する思いでしたが、アナログ盤しか持ってなかったタイトルも【お安く】入手することが出来て喜ばしい限りです(笑)
(いや、もう活動しないんだから…やっぱ喜べないな・涙)





・・・と、そんな・・・


音楽と青春と思い出と・・・いろんなコトに浸った【クリスマスの約束】な夜でしたが、番組のエンディングで流れた小田サンが歌った曲・・・


なんと、その・・・チューリップの【I dream】でした。


好きな曲でしたが…チューリップの曲の中でもマイナーだし、まさかここで聴けるとは思わなかったので・・・自分にとっては思い掛けないプレゼントをもらったような気分になりました(嬉)

nobu1964jp at 19:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年04月19日

図らずも・・・

be95f653.jpg















今夜は音楽に浸ってきました。「さだまさし」のコンサート・・・


この直前に故郷で「あんな事件」が起きて・・・そのことにも触れられてましたが、なかなか深く・考えさせられるコンサートでした。


もちろん「爆笑トーク」は健在でしたけど...(^^)


nobu1964jp at 21:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年03月01日

卒業・・・

今日から三月です。今月もいろいろあります。

さて、三月のいろんなイベント事の中でも、たいへん思い出深いものに【卒業】というものがあります。
中でも高校卒業が一番感慨深いものだった気がします。ほとんどの仲間が離ればなれになりますし、社会人になる者・親元を離れて暮らす者・・・最初に【人生ぃ】を感じる出来事ではないでしょうか。

私もかつて・・・・・もう「今は昔」の話でありますが、、、
卒業式のあとの最後のクラス会が忘れられないものとなりました。BGMは卒業の歌、女子はみんな泣いてしまい、担任の先生はオンオン号泣でした。
・・・で、先日友人から、たまたまこんなモノをいただいちゃいました。ブログのネタ的にも大変ありがたいモノです(笑)


卒業
















「斉藤由貴」の【卒業】。いやぁ〜、懐かしいです。
これって元々、明星ラーメンのイメージソングだったんですね。知らなかった。

缶コーヒーのキャンペーンとして、他にもいろいろ…この頃のアイドルのCDが貰えるらしいです。
アイドル系のCD(当時はレコードか…)を全く持ってない私には、貴重な一枚(笑)さっそく朝の目覚まし代わりに聴いております。これは良いです。


ところで…毎年この手のタイトルの歌が出てくるようですが、皆さんの【卒業】の時、何が流行ってましたか?

ちなみに私の時は・・・・・


春なのに













・・・これでしょうか。卒業お別れ会のBGM・良い歌でした。

それにしても・・・この画像には、激しい時の流れを感じてしまいます。

nobu1964jp at 16:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年12月25日

クリスマス音頭

クリスマス・イヴのこんな時間にブログ更新というのもアレだが、、、
(見てる人もいないと思うが・・・)

まあ、ケーキも食ったし、ご馳走もいただいて、甥っ子・姪っ子の相手して過ごしたんで・・・それなりのイヴということで・・・。

こんな夜は、達郎の「クリスマス・イヴ」・・・という雰囲気じゃなくて、

ナイアガラ・カレンダー
















大滝詠一の「クリスマス音頭」ですなぁ〜。

アルバム「ナイアガラ・カレンダー」(1978年)
1月から12月まで、それぞれの月に合わせたテーマの曲が入ってます。ただし・・・ほとんどコミックソングですが・・・。

それにしても、あらためて…一年の経つのが早いこと!!
クリスマスが終わったら、もうお正月。う〜む...年賀状もまだ書いてないゾ!
大丈夫なんか?こんなペースで(汗)


とりあえず今夜は、これ聴きながら眠るとするか。。。(-_-)_zzz


************************************************************

追記(歌詞です)

今日は楽しいクリスマス
年に一度の   〃
晩から朝迄   〃
灰から火迄   〃  (ソレ)

遠路はるばるクリスマス
南蛮渡来    〃  (キタサット)
奇妙きてれつ  〃  (アサナット)
何故かしらねど 〃  (ウミヨット)

七面鳥食って飲んで騒ごう
七面鳥食って飲んで騒ごう
ジングルベル ジングルベル ジングルベルよ


商店街がクリスマス
ケーキ屋さんが 〃
テレビラジオが 〃
夜のネオン街も 〃  (ソレ)

戦後変ったクリスマス
天下晴れての  〃
日本すみずみクリスマス
何処にいるのか 〃

から揚げ食って飲んで騒ごう
カップうどん食って飲んで騒ごう
ジングルベル ジングルベル ジングルベルよ


nobu1964jp at 01:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年11月04日

LIVE ACT TULIP 2005 〜hope〜 その2

tulip4
















その1・・・の続きです。
ちなみに画像は何の関連もありません。宮崎・大淀川を渡るところです。

いよいよコンサートの始まり・・・・・ホールの昭明が落ちると、やがてステージ上にメンバー登場。さすがに痩せても枯れても現役ミュージシャン、同年代のサラリーマンなどと比べると、とても五十代とは思えない。
温かい拍手の中、アットホームな雰囲気で始まりました。

ステージ前列に5人が並び、まずは生ギターを中心にした演奏から始まりますが、その直前、財津さんがひと言、「宮崎牛〜!」(←ファンの人しか分からないネタですが)
おそらく最前列の熱心なファンから、恒例のご当地ネタMCの話題を振られたのだと思われ。
今はネット上で演奏する曲目はもちろんMCネタもバレバレなので、ミュージシャンはさぞかしやりにくいことだろう(笑)

さっそく演奏に入ります。

1【恋のドラキュラ】
2【箱入り娘】
3【ムトウス】
4【仔牛のロー・カウジー】

(通常は↑↑↑ここでご当地の「牛」ネタMCが入るらしい)

5【悲しみに挨拶を】

途中、安部さんの「今日は皆さん、僕らのコンサートに足を運んでくださってありがとうございます。」と、ちょっと堅めのMCをはさみ、恒例の生ギターコーナーはこの5曲でした。
いきなりレアな曲から始まりましたが、自分的にはビンゴ!でした。ここへ来る途中、車の中で聴いていた曲ばかり(^^)

続いてメンバーは所定のポジションに戻り、通常のバンドスタイルになります。
ドラムの上田氏を頂点に、逆V字に並んだ真っ白い台の上に・・・右からギターの安部俊幸、キーボード姫野逹也、ドラム上田雅利、キーボード財津和夫、ベース宮城伸一郎。座席がちょっと高いところなので、ステージ全体がよく見渡せます。財津さんと姫野さんは楽器のチェンジが多いので、ギターを弾く時は前に出てきます。

また今回はセットも凝っており、天国への階段を模したようなオブジェをバックに配しています。
照明も結構カッコ良い演出をしていたように思います。

6【私のアイドル】
7【夏色のおもいで】
8【神様に感謝をしなければ】

次は、このツアーのために作った曲です。何でも…今こうして音楽をやっていられるのは大変幸せなことで、今後も続けられたらなぁ・・・という、そんな思いを込めて作ったそうです。

9【hope】
10【風のメロディー】

今日のステージは、発表当時のアレンジを大事にしてるような・・・そんな気がしました。
ここで第1部の終了です。10分間の休憩が入りますが、私はそのまま席に残りました。

隣の女性は「チューリップの曲は良いですね〜」と。「サボテンの花」が好きだと言ってました。
隣の男性も一人で来ていたようで、少し話をしてみると…「今日はマニアックな曲が多いですね。」と。確かに今日の前半は、シングルのB面やアルバムの中でも比較的マイナーなイメージのが何曲かあったような・・・。

やがて第2部の始まり。
この曲が聴けるとは思わなかった・・・

11【Iam the Editor】

これはいわゆる「チューリップ第二期メンバー」になって初めてのシングル。ドラムの上田さんとベースの吉田さんが脱退し、メンバーチェンジ。代わりに宮城さんと伊藤さんが加入しました。

続いて・・・

12【この小さな掌〜詩歩子へ〜】
13【ぼくがつくった愛のうた】
14【悲しきレイントレイン】

姫野氏が三曲続けてのボーカルです。チューリップは基本的に全員がボーカルを担当してて、他のメンバーもそれぞれ曲を作っています。財津氏と姫野氏はギター⇔キーボードと楽器のチェンジが多くて忙しそう。

財津氏
「こうしてみんなでステージに立って演奏できるって、本当に素晴らしいことだなあと思います。バンドって本当にいいもんです。たとえ互いに憎み合ってても箸の上げ下げが気に入らなくても(笑)いつでも青春時代の…あの頃に戻れますから。」
昔はメンバー同士顔を合わせるのもいやな時期があったそうだが、今は本当に楽しんでやっているという雰囲気が伝わってくる。

後半は定番のナンバーが続きます。

15【虹とスニーカーの頃】
16【青春の影】

「青春の影」での安部氏のギターは相変わらず素晴らしい。「虹とスニーカーの頃」は私がチューリップを聴き始めたきっかけの懐かしい曲。この曲が当時ベストテン入りして、テレビに出るのを心待ちにしていたが、「休暇中」ということでテレビ出演は無かった。デビュー時のメンバー最後のシングル曲。


tulip5ところで・・・ここ宮崎は、チューリップがライブで初めてギャラを貰ったという思い出の地なんだそうです。




















さて、ここでチューリップのあの大ヒット曲についてのエピソードです。

財津「えー、僕ら上京してプロになったんですけれども、デビュー曲、「魔法の黄色い靴」というんですけれども、全然売れませんでしたね〜。歌詞も意味不明ですし。そして次の曲、「ひとりの部屋」というんですが、歌詞が「つまらない〜つまらない〜♪」で、ホントにつまらない曲で(笑)これも売れませんでした。事務所からはキツイお灸を据えられましてね、もう、次が売れなければ音楽辞めてまっとうな仕事を探さなければ・・・そんな状況だったんでけどもね。それで…そんなあとの無い状況でつくった曲なんですけれども、スタジオに入って当然自分が歌うつもりでいたら、誰かが【あの男に歌わせよう】と言い出しましてね、それで何だかみんなもそれに同意して・・・リードボーカル下ろされちゃったんです(笑)でも、そのおかげで今日のチューリップがあるわけで…本当に感謝してます(笑)」
(メンバー全員姫野さんに感謝!)

「では、【あの男】が歌います。聴いてください。」

17【心の旅】

説明するまでもなく、1973年姫野逹也がリードボーカルをとってチャート1位になった曲です。スローテンポの曲ですが、会場は一段と盛り上がり。

ここでいよいよ最後の挨拶、「今日は本当にありがとうございました。では…いつかどこかで、またお会いしましょう。」

18【someday somewhere】
19【shooting star】

ここで第2部も終了です。「shooting star」の時には、星をイメージしたたくさんの電飾が光ってきれいでした★それにしても財津氏は声が良く出ている。昔好きだった歌手が高音が出なくてキーを下げたり、苦しそうに歌ったりするのを見るとちょっと悲しい気持ちになるが、もうすぐ還暦を迎えようかという人にはとても思えない。恐ろしい人だ(笑)

続いてアンコールです。

手拍子で「通」なファンと「普通の人」の見分けがつくこの曲。

20【銀の指輪】
21【早くおいで】

ドラマーというのもかなりハードなお仕事。今日は途中でスティックが折れていました。
両手両足使った上に「早くおいで」でリードボーカルをとるパワフルな上田さん。

22【エジプトの風】

宮城さんのリードボーカル曲です。「懐かしシリーズ…」の再結成ツアーではなかなか出番がありませんが、今回はフルバージョンを歌ってくれました。

23【夢中さ君に】

コンサートでは絶対に外せない曲の一つでしょう。それもアンコール専用曲みたいな感じに思えます(笑)

ここでメンバーはステージを降り、再び・・・アンコール

24【魔法の黄色い靴】

最後はデビュー曲のこの歌で。みんなで歌ってこのコンサートもお開きです。
予定を少々オーバーしましたが、午後8時半頃(多分)終了しました。


tulip6
















今回は懐かしい曲…というか、すべて懐かしい曲しかないわけですが(笑)、私が初めて買ったアルバムの中からの選曲が多かったし、新曲以外は全部知っていたのでかなり楽しめました。曲順は多分この通りだったと思いますが、MCはかなりテキトーだったかも知れません。でも、だいたいそんな意味のことを話してたと思います。

ちなみに隣の女性がひと言ポツリ、「サボテンの花」が無かったわねぇ。。。
好きな曲が演奏されなかったのが、ちょっと残念そうでした。

また次回ツアーももやってくれそうな雰囲気でしたが・・・歌えるうちはステージ続けて欲しいと、そう願いながら帰途についた一日でした。


tulip7

nobu1964jp at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月03日

LIVE ACT TULIP 2005 〜hope〜 その1

一昨日〜今日の行動報告はとりあえず置いといて、、、

ちょっと遅くなりましたが、先週の日曜日(10月23日)後半の報告です。
この日、早朝の釣りから帰ってきて昼食をとったあと、何をしていたかというと・・・

チューリップのコンサート「LIVE ACT TULIP 2005 〜hope〜」を観るため、宮崎まで出かけたのでした。


tulip1













R221〜R268〜R10を通り、車を走らせること約2時間。久しぶりの宮崎市内。
画像は別に意味はありませんが…会場への道を間違えて橘通りまで行ってしまっただけです...(^^;


tulip2













道をちょっと後戻りして会場入り。「宮崎市民文化ホール」です。
開場まで時間があったので、車の中でひと休み...(-_-)_zzz


tulip3ところで「チューリップ」というグループですが、、、
今まで多くのミュージシャンを輩出している福岡・博多出身のバンドで、1972年にデビューしています。もう30年以上経っているんですね。当時を知らない人も、ヒット曲「心の旅」は耳にしたことがあるかと思います。その後も「ブルースカイ」や「虹とスニーカーの頃」などのヒット曲を出しますが、途中何度かのメンバーチェンジを経て最後はオリジナルメンバーは財津和夫氏ひとりだけになり、結局1989年に解散しました。








そして・・・時は流れて1997年、デビュー25周年を機にメンバーが集まり再結成。デビュー当時のメンバーである財津和夫・安部俊幸・姫野逹也・上田雅利、それに途中加入〜解散時までベーシストを務めた宮城伸一郎の5名で再結成コンサートツアーを行いました。これがかなり盛り上がりだったようです。この反響を受けて、その後も再々結成・幾度かコンサートツアーを行うこととなったようです。

・・・で、今回2005年も全国ツアーが行われているわけでありますが、情報収集を怠っていたのでツアーの情報を得たのはつい最近のこと。2週間ほど前にようやくチケットを購入し、足を運んだ次第です。


さて、開場時間が近づいて徐々に人が集まり始めました。客の年齢層はバラバラで、上は六十代以上と思われる方から下は小学生まで。四十〜五十代前後の方が最も多かったようですが、親子連れ・特に母娘のペアというのが目立ちましたね。親子二代〜三代にわたり聴かれているというのもポピュラー音楽としては珍しいのでは?
全盛期は圧倒的に女性ファンが多かったそうで、昔は男性がコンサートに行くと、男子トイレには誰もいなくて寂しかった・・・なんてエピソードがあったようですが、今回も客の7〜8割ほどは女性のようです。


それにしても・・・2週間前でもチケットが取れて、なおかつ当日券もアリというのはちょっとアレですが、地方公演なんでこんなものでしょう。ちなみに5年前の福岡でのコンサートはさすがに盛況でチケットが取れず、ネット(チューリップファンのサイト)で定価で譲ってもらい観ることが出来ました。

いよいよ開場です。
ロビーではCDやグッズ・ツアーパンフなどを販売してました。まだ持ってない音源や今回新たに見つかった映像がDVD化されてたのもあったのだが…この日は超金欠状態にあったのでただ眺めるだけ...(+_+)
欲しいのを全部揃えようと思ったら、ン万円かかる。そのうち…厳しぃ財政難をクリアしてから買うことにしよう。

で、そそくさと会場入り。公演日間近に買ったチケットなので席は後ろから3列目でしたが、ド真ん中・ステージ真正面だったので、思ってたより良い感じです。

今日は一人で来たので、隣席の客も気になったのですが・・・右隣には同世代と思われる男性、そして左隣には・・・
女性が一人!ポツンと座ってました。
開演まで少し時間があったし、手持ちぶさただったので話し掛けてみました。

「お一人で来られたんですか?」

すると、その女性は上品な感じでにこやかに、、、

「いえ...息子がチューリップを好きなもので…一緒に来たんですが、席が離れてて…」

そう、一人でポツンと座っていたのは、年の頃は75歳ぐらいのご婦人でありました...(^^;
聞けば息子さんは私よりも年上で、息子さんの嫁さんが気を利かせて「一緒に行ってきたら?」と送り出されたらしい。チューリップの他には「ふきのとう」が好きで、彼らがデビューした年に何があったとか、当時の曲と家族の思い出話などもされて、あの頃の音楽がかなりお好きなようでした。

ほどなく客席の昭明が落ち、いよいよ開演です。
ところで、今日はこの手のコンサートとしては非常に珍しい「二部構成」となっています。客の体調(客層が高齢化している・笑)を考慮してか、メンバーの体調(これもかなり高齢化している・笑)を考慮してか分かりませんが、途中で10分間の休憩が入ります・・・と、「〜あらかじめご了承下さい」とのアナウンス。

まあ、歳を取るといろいろあります。人生を感じます。
(そういう私も、水分補給は控え目にして会場入り・笑)


(長いので・・・その2・に、続きます。)

nobu1964jp at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月06日

一枚のチケット・・・

今日の仕事帰りに買ったチケット一枚。

tulip












「えっ?まだやってるの?!」と思われるかも知れませんが、、、
(私もそう思ったが・・・(^^;)

” LIVE ACT TULIP 2005 〜hope〜 ”
チューリップのコンサートツアーです。


「チケット…1枚だけか?!」・・・というツッコミが来そうですが、それはどこかに置いといて、、、(^^;


チューリップは1972年にデビューした博多出身のバンドで、翌年大ヒットした「心の旅」は多くの方がご存じかと思います。1989年に解散するも、その後何度か再結成という形でコンサートツアーを行っております。

私も…聴き始めてもう25年を過ぎようかというところですが、「あの頃」(←私も人並みに、いろんな思い出があります〜)聴いていた曲が、こうして生で聴けることはホントに嬉しいことです。純真だったあの頃を思い出して(笑)聴いて来たいと思います。

それにしても、メンバーはあと3〜4年で還暦を迎えようかという方々ですが・・・そこはミュージシャン、当然のことながら若々しいですね。(一部、ギターが重い…とこぼしている方もおられるようですが...)
声の出るうちはまだまだ続けてもらいたいもの。。。
(財津和夫氏のソロコンサートは昨年行きましたが、ホントに声が良く出ること!!)

どうせ歳をとるなら、ああいう「カッコイイお年寄り」(笑)になりたいものです。



そして今夜は、思春期の思い出とは遠く隔たった「オヤヂの香り」する焼酎飲んでます。


kasasaebisu「笠沙恵比寿」杜氏の里笠沙・芋25度。
何だか木の香りのような、独特の風味がします。
買ったのは2年前ですが、詰口年月日を見ると「'93.12.3」???
まさか・・・そんなに古いはずは・・・
「'03.12.3」の間違いではなかろーか?

nobu1964jp at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月24日

白波とブルース・・・

今夜は「さつま白波」のお湯割りを・・・しみじみといただいております。


で、しみじみと合わせるのは、コレ。


k&a











「木村くんと有山くん」
数年前ライブを観に行ったおりに買ったもの。独特のキャラと生ギターの弦をブチブチ切りながらの演奏はよかった。

渋くて軽い歌声は・・・秋の夜にぴったりです(人による)


これが大人の味わいというものでしょうか。


なお、CDに「木村くんと有山くん」のつくり方が載ってましたので紹介します。

1.あらかじめパチンコで負けておきます
2.残りのお金で、ひたひたになるまで体をお酒に漬け込みます
3.しけもくを5〜6本くわえ、毎日苦虫を噛みつぶしたような声で唄いましょう
4.ここで20年ほど寝かします。ただし、中身はガキの頃のままに保つこと
5.カッコよく弦が切れたら、ハイできあがり

nobu1964jp at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月24日

大瀧詠一など・・・

今日も蒸し暑い。
こんな夜は濃厚な芋焼酎のお湯割り・・・
じゃなくて、あっさりスッキリ「かなた」のジャワティー割り...(^^;

kanata














さて、今夜は特に書き綴ることもないので、音楽ネタなど。


niagara「NIAGARA CD BOOK」
買ったのはもう十数年前。保管が悪かったので外側はボロボロ...(T_T)
大瀧詠一のアルバムを中心に、山下達郎デビューアルバムのシュガーベイブのものなど、ナイアガラレーベルの8枚セットのボックスだ。






cm1970年代のものなのでさすがに時代を感じるが、今どきの音楽を受け付けない(…というか、全然知らない)私としては、手放せないもの。聴いてて楽しい。後年の大瀧詠一の作品からは想像しえないほどコミカルな一面も。あと、数多く手がけたCM音楽も収録されてます。「三矢サイダー」や「出前一丁」のCMソングなどなど。。。








当時のような音楽をもう一度聴いてみたいものですが、ご本人は「もう、オリジナルアルバムは出さないだろう・・・」と寂しいコメントを出しておられます、、、

nobu1964jp at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)