ツール・ド・お墓参り2009〜其の壱本日は・・・

2009年09月26日

ツール・ド・お墓参り2009〜其の弐

大牟田



・・・ということで、午後2時頃大牟田を通過。


本来ならこの時刻、筑後川を渡る予定だったが・・・ペースがいまひとつというのもあるが、やはり休憩とか写真撮ったりとかで時間を食ったのが大きかったかも


大牟田からは県道18号線・国道208号線と走り柳川方面へ・・・


途中、前方にローディー発見。かなりの高ケイデンスで走っている。何とか追いつこうと頑張るが、信号待ちで見失ってしまった。


しかし走り続けていたら・・・再び前方に発見。徐々に近づいて行くと・・・河内のコンビニで見かけた人っぽかった。


矢部川を渡ったところでコースが分かれてしまったので、私はそのままR208を柳川方面へ向かう。途中で自販機休憩。



【14:52】柳川市内の運河にて・・・


柳川



なかなか良さげな雰囲気の街です。ちょうど観光川下りの船が通ってました。




【15:15】ピンボケでアレですが(汗)…大川市、筑後川を渡る橋の手前までやってきました。


大川



ここも…本来なら、筑後川昇開橋を通りたかったのですが、あちらは通行時刻が決まっているので・・・予定時刻から大幅に遅れた今回は見送ることに。




そしていよいよ・・・筑後川を渡ります。


筑後川



九州一の大河。さすがにデカイですね。



さらに・・・もうひとつ、筑後川から分岐した早津江川(要するに中洲地帯ですな)を渡ると・・・


佐賀県



佐賀県です【15:27】


河口から吹きつける風は強いものの・・・さいわい平野部の風は大したことなくて、25〜27kmほどの、そこそこのペースで走れます。


しかしこの辺の橋って・・・ちょっと大きな川になると、船を通すための高さがあるんで、けっこうキツい登り坂になってるんですよねぇ〜(苦)



そして・・・田んぼと畑とクリークが広がる佐賀平野を、西へ西へ・・・


佐賀平野

佐賀平野

佐賀平野

佐賀平野



さすがにここまで来ると、もう・・・日没到着はかなり厳しい…かも?!と思い始めてきた。途中の物産館で休憩。


ポケットに残っていたレーズンサンドを平らげ、水分補給。真っすぐな広域農道を走り出す。



・・・が、ここで・・・事前に調べておいたコースを勘違いして、田んぼの中の袋小路に入り込んでしまう!痛恨のミスコース(>_<)


これで15分ほどロスしてしまったか・・・元のコースに復帰し、かなり西に傾いてきた太陽を追うように、国道444号線〜県道36号線と走り、武雄方面へ走る。



【16:49】肥前白石駅を通過。長崎本線を渡る。


長崎本線



ちょうど『特急かもめ』が猛スピードで通過して行った。



田んぼの中の道を武雄へ向けてひたすら走る。太陽はずいぶんと西に傾き、影も長〜く伸びてきた。
秋の陽は飯綱落とし(笑)、ここまで来るとさすがに・・・日没までに到着するのは絶望的となった。


日が陰るとひんやりと・・・少し肌寒さを感じるようになってくる。秋の日暮れ時の寂寥感がこみ上げてくる。




・・・で、やがて武雄の街に入ろうかというところ・・・道が分かれている。真っすぐ行くと『鹿島』方面。佐世保に行くにはどっちへいったらいいのか?!


佐世保への案内表示が出ておらずよく分からなかったが、とりあえず・・・真っすぐ行くとドツボにはまりそうだったので、右折して佐世保線が走っているとおぼしき辺りまで行くことにした。


するとほどなく、交差する幹線道路が現れた・・・が、ここにも『佐世保』の文字は無し。『大村』…って、この方向で良いのかな?


『ここを曲がれば良さそうなのだが・・・』


結局そのまま真っすぐ幹線道路を突っ切り、佐世保線を渡って旧道の商店街の中を走ることになってしまった。結果的にはさっきのところで曲がれば良かったようだ。


武雄



【17:34】西に傾いた太陽を前方に見ながら、武雄の街を抜ける。ここまで約200Kmを走破。


高架となった佐世保線をくぐり、国道35号線に入ったところで最後のコンビニ休憩。ドリンク補給とひとくち大福を二つ。


佐世保まであと35Km・・・荒尾付近で一時脚が痛くなったが、今はもう全然気にならない。このまま走り切れるだろう。


国道に沿って走る佐世保線の電車が、昔と変わらぬ佇まいの築堤を軽やかに駆け上がって行く。
昔々、気動車ばかりだった頃は・・・武雄温泉を出た列車はエンジンの音も苦しげに、ゆっくりとこの坂を登って行ったものだ。


ワタシも・・・昔の気動車よろしく、猿人パワーも重々しく登坂路に入る。今回のコース、登りらしい登りといえばこれが最初で最後。武雄から永尾まで上り切ればあとは下りばかりのはず。


武雄



しかし200kmを超えてからの登坂はさすがに応える(苦)


ここも…昔と変わらぬ佐世保線のレンガ造りの陸橋。西日が山の稜線を黄金色に染める中、息を切らしながらゆっくり坂を登る。ここをくぐれば、登り坂もあともう少し



やがて何とか坂を登り切り、永尾を過ぎて旧道へ入り…三間坂へ。


三間坂



【18:04】ちょうどここで日没。まだしばらくは明るさが残るが、本格的なナイトラン突入は避けられないので、三間坂の駅裏で休憩がてらヘッドライトをセットする。


三間坂



5分ほど休憩して再び走り出す。次は有田の街。



【18:28】再び国道をそれて有田の街中へ。国道のトンネルは通りたくなかったので・・・


有田



そういえば有田の街中を通るのはこれが初めてだったかも・・・すでに多くの店が閉まって人通りもありませんでしたが、なかなか良い雰囲気のお店が軒を連ねています。
陶器市の時にでもゆっくり訪ねてみたいところですね。



ちょっとゆっくりし過ぎたが
再び国道へ戻り、ここから先は・・・ほぼ下り坂ということもあって、ビュンビュン飛ばす。


空にはまだほんのり明るさが残るが・・・辺りはすでに夜の暗さで、ライトの灯を頼りに国道35号線を早岐へ向けて下る。

かなりスピードが出ている。その気になれば楽々35km以上出そうだが、調子に乗って飛ばし過ぎないよう自分に言い聞かせる。


やがて・・・早岐まであと少しという雰囲気になってきたが、ここで目の前にキツそうな登り坂が現れた。


『くっ、ここへ来て…何でコンな登りが…(>_<)』


すでに脚力のほとんどを使い果たしているあずき号の猿人ではあったが、ここで・・・これまで温存していた大腿四頭筋をフル稼働!


登りといっても距離は大したことは無いので、フルパワーのダンシングで一気に駆け上がる。普通なら【筋肉攣り攣り〜】になりそうなところだが、不思議とそんな感じは全然無くて、自分でも意外なほどパワフルに上り切れた。


ゴール間近というのもあるし、武雄で補給したひとくち大福が効いてきたのか?ここへきてナニかと餅ベーションが上がってきたようだ


そして【19:05】早岐・長崎方面との分岐を右に折れ、佐世保はもう目の前。


早岐



家路へと急ぐクルマの流れに混じって、徐々に市街地の雰囲気が濃くなって行く国道を最後の力走。


いくつかのアップダウンをクリアし、大塔〜日宇〜と通過・・・どこかの店からかすかに漂ってきたカレーの香りを嗅ぎつつ(笑)、【19:37】佐世保駅に到着。


佐世保



走行距離はメーター読みで237.5km、平均速度は23.5km(汗)
実走行時間は10時間5分なので、やっぱ…休憩時間が多過ぎたかも。補給もおにぎりではなく、もっと消化が良くて甘いモノが良かったかな?


それなりに疲労感はありましたが、勢い敵には…まだあと50kmぐらいは走れそうな感じでした。

ポジションがバッチリ決まってたせいか?脚腰の痛みもほとんど無く、翌日も普通に起きて普通に活動できました。むしろ、内臓系が・・・かなりのエネルギー変換を強いられたはずなので、そっちの疲労が抜け切れなかったかもです(超疲)


・・・と、コンな感じの・・・初めての200kmオーバーでありましたが、こうして徐々に『距離感』が壊れて行くんだろうなぁ〜(笑)というのを実感した今回のお墓参りツーでした。


おっと、お墓参りはまだ済ませてなかったな…ということで、この続きはまたッ

nobu1964jp at 18:16│Comments(4)TrackBack(0) 自転車 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あぷ   2009年09月26日 19:52
ど〜もです。

最近、温泉にて湯治していない事を
包み隠さずに
ご報告申し上げます。(笑)
さてぇ
そろそろ秋の指令の準備でもするか・・(爆)

2. Posted by 蔵。   2009年09月26日 21:11
距離感喪失ドォ〜ムです。
10時間overも走り続けられるのは
好きじゃないと無理・・・
もしくは[ドM]か・・・・・
と感じてしまう私を赦してネッ!!(逃)
3. Posted by nobu   2009年09月26日 21:23
あぷさま、光線お見舞いど〜もです(笑)
…ということで、
ナニかと疲れた時は杜氏などなさるのが
よろしいかと思います、ハイ!
4. Posted by nobu   2009年09月26日 21:43
蔵。さま、ど〜もです。
ハイ、ナニかとおM苦しいソレをお見せしたことを
謹んでお詫び申し上げ、
次回はもう少し…蔵。さまお好みの『ハァハァ感』をお届けできる酔う
努力してまいる所存です、ハイ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ツール・ド・お墓参り2009〜其の壱本日は・・・