2006年06月03日

今年の梅酒・・・

先日、梅ちぎりをしたことはお伝えしましたが・・・


梅











その後お約束通り、梅酒2本と梅酢1本を仕込みました。
ただ、漬け込むにあたって少々悩んだこと・・・【どの焼酎で漬けるか?】


今回は、米・芋それぞれの常圧焼酎で漬け込むつもりだったのですが、米の方の銘柄はすでに決まっておりまして・・・


暁




















これです。アカツキ酒造の【暁】35度です。
宮崎・高千穂の、知る人ぞ知る強烈な米焼酎です。20度のものはブワッと来る香りが強烈だったものの、柔らかい味わいでそれなりに美味しく飲めたのだが、この35度はさすがに…ドッカン!と来ました。

かなり手ごわい焼酎だったし、あともう一本あるので・・・【米】はこれで作ってみることにしました。

それにしてもすごい匂い!梅との相性はどうなんでしょう???



さて、悩んだのは【芋】の銘柄。35度のものがあれば良いのだが、こちらではそういうものはほとんど見かけない。先日、湯前の酒屋で35度の島美人を見かけたのだが・・・。


仕事帰りの午後9時、今から湯前に行く訳にも行かず(たぶん閉店してるだろうし)、地元・人吉では見たことが無いし・・・結局悩みつつも、手持ちの焼酎で漬けてみようということで、砂糖と広口瓶を買って帰宅した。




さぁて・・・どれで漬けましょうかねぇ?




これは・・・どうかな?


さつま寿













・・・冗談です。
今や簡単に開けられない銘柄となってしまいました。



じゃあ、これは・・・


八千代伝













いやいや・・・これも冗談です。
ちょっと高いし、やっぱ和紙で包んだ焼酎は・・・



これも・・・


竹翁













やっぱ開けられないですね〜。



これも・・・


かせだ













いくらで買ったのかも憶えてませんが、梅酒にするにはもったいないでしょう。



その他にも・・・・・


日南娘













いろいろ・・・・・



七夕













ありましたが・・・・・




最後に選んだのは・・・この3本。


梅焼酎候補





















【暁】は決定なんで、残った【紅岳】と【白玉の露】・・・どちらにするか?



【白玉の露】・・・こちらにはほとんど売ってないし、鹿児島県内でも北部地方にはあまり出回ってないようです。かなりもったいない気もしましたが・・・この蔵のレギュラー酒だし、南大隅地方へ行けば買えるだろうし・・・今回はこれで漬けることにしました。


白玉の露




















でも、全然味わってないので、漬け込む前にお湯わりで一杯だけ味わってみました。


・・・と、これは・・・香りが立って美味いじゃないですか〜〜〜!!


けっこう好みかも・・・う〜ん、もったいない!!



・・・で、迷ってしまって【紅岳】の方も開けて飲んでみたのですが・・・
こちらも結局【もったいない】という結論に達し、【白玉の露】で漬けることにしました。



泣く泣く?【白玉の露】を4L瓶に漬け込んでみました。右端のは梅酢です。


梅酒
















【暁】の強烈な香りは・・・梅の香りとケンカしてないか?!
【白玉の露】の方は、これは梅との相性はかなり良さそう。


いずれも味が馴染んで美味しい梅酒になることを期待したいです。



それにしても・・・何だか・色が・少し黒ずんでいますね〜。

・・・そうです、今回は冒険してしまいました。素直に氷砂糖だけで漬ければ良いものを・・・【黒糖】を少々入れてしまいました。

【美味い梅酒】が出来るのか、それとも・・・【我慢して飲む】シロモノになってしまうのか・・・出来上がりが非常に楽しみ(不安)な今年の梅酒です。

nobu1964jp at 15:01│Comments(2)TrackBack(0)焼酎 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Aptiva野郎   2006年06月04日 08:45
ど〜もです。我家のボケ梅の木が実をつけないので
今年も梅を購入しなければなりません。
スーパーでK200円なんで、まだよいのですが
では・・・・
2. Posted by nobu   2006年06月04日 23:05
Aptiva野郎さま、ど〜もです。
ブログでは書きませんでしたが、「梅ちぎり」今年はカメムシが多くてまいりました。くっさぁ〜(><)
昨年はアリマキの分泌液攻撃に遭いました。
1kg200円なら、買った方が良かったかも・・・と、マジで思いました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字