2006年01月30日

飲み会でした

昨夜は知人宅で飲み会でした。
奥さんの心尽くしの手料理・・・大変美味しゅうございました。


焼酎












そして飲み物の方も・・・ご覧の通り!!
何ともたくさんの「泡盛・焼酎」様がお揃いでした。ちなみに真ん中の真っ赤なラベルは、私の持ち込み酎「球磨の泉」(常圧の米・25度、那須酒造場)であります。



で、その中でも皆の目を引いたのは、言わずと知れた・・・「魔王様」。


魔王ふ〜む、、、
まだ飲んだことないんですよねぇ…「魔王」。
どんな味わいなんだろう?
これも参加者からの差し入れだったんですが、売り値(プレ値)が幾らする…だとか、焼酎にさほど興味の無い人の間でも知名度はあるらしく、ちょっとした話題になりました。

でも個人的に気になったのは、この「魔王」とセットになっていた「むかしむかし」。鹿児島・丸西焼酎の20年古酒ブレンドの芋焼酎。






丸西さんの焼酎も、芋焼酎の古酒というものも…飲んだことがなかったので、どんな味わいなのか大変気になるところでしたが、丁寧にビニール袋で包装され、シリアルナンバーまで入った焼酎にいきなり手を付けるのもはばかられたので、とりあえずビール…のあとは、開封済みの「利右衛門・黒」をお湯割りで一杯。

これも初めて飲みましたが、甘味があってけっこう好みかも。
しかし・・・この一杯がなぜか効いた。完全にふらふらヨッパ状態...(+_+)
お湯割り一杯でこんなに効くとは?それとも最初の空きっ腹にビール!が効いたのか?もう飲めません。

他の参加者の方々は、私が持ち込んだ「球磨の泉」を開封し、まずは匂いを嗅ぐ(笑)
地元・球磨の住人でも、常圧の米焼酎を飲んだことない人は相当多いはず。
普通の飲み会で常圧モノがスタンダードになっている地域はほとんど無いはず。居酒屋などでも常圧モノを置いてないところが多いし、自分で興味を持って買ってくるとか、こういう場でもないと飲む機会が少ないのが実情なんである。

最初は「こらぁ、クセのあるバイ!」とか「臭かねぇ〜っ!」とか言ってたが、お湯割りで飲んでみたところ「ありゃ?飲んだらけっこう美味か!」とクセになったらしく、泡盛など他の焼酎もある中で、この四合瓶だけはあっという間に空になってしまいました。

結局、「魔王」も「むかしむかし」も封が切られることなく、飲み会はつつがなく終了したのでありました。うーむ・・・酔ったふりして(…って、実際酔ってたが)開けちゃえば良かったかな?
もっとも、開けたところで・・・ほとんど飲めない状態ではあったが。。。

nobu1964jp at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)飲ン方 | 焼酎

2006年01月29日

馬刺し丼

「何でもかんでも丼に乗っけりゃ良いってもんじゃない!」
・・・という声が聞こえてきそうですが、、、


馬刺し丼
















先日食べた「馬刺し丼」です。
「馬刺し」と言えば熊本。この前熊本に行った時に駅構内の飯屋で食べたんですが、この店は何となく鹿児島の香りもしてて・・・「大根の漬け物」が出てくるところも「鹿児島風」に思えたのですが、何といっても「桜島の溶岩プレート」でお肉をジュージュー焼いて食べる「溶岩焼き」がウリのようでした。

ツレが注文した溶岩焼き(ミックス)、ジュージューと油が飛んで良い香り・・・何とも旨そうだった。(・・・と言いつつ、写真撮るの忘れましたが。)

他の客も多くがこの「溶岩焼き」を注文してて、自分も「アレにすれば良かった・・・」と思いつつも、ヘルシーな馬肉の丼を食しました。



馬刺し丼2


















白ご飯に馬肉を乗っけて紫蘇を散らし、ショウガ醤油で食べるだけのシンプルなものです。まさに桜肉といった風のお肉の色。お味は・・・などと説明するまでも無く、馬刺しをおかずにご飯を食べるというだけのことです(笑)

まあ、でも、、、美味かったですよ。(^^)
こうしてみると「馬刺し」だけでも、けっこうなご飯のおかずになるもんですね。

nobu1964jp at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)食いモンなど… 

2006年01月28日

うなぎの「しらいし」

先日の日曜日、鰻の「しらいし」に行ってきました。


うな重

















人吉で老舗の鰻料理屋と言えば、「しらいし」と「上村うなぎ屋」。
ともに県外から訪れる客も多いという評判のお店ですが・・・この「しらいし」には、地元に居ながら私はなんと今回が生涯で二度目!の訪問です...(^^;

ちなみに「上村うなぎ屋」の方は、まだ行ったことがありません。
この二つのお店が隣同士というのも何だか不思議な感じもしますが・・・「通」な人の評判はどんなもんなんでしょうか?

まあ、たいていのモノは「旨い!」と思ってしまう私ですから、どちらのお店も「メチャクチャ旨い鰻!」であることに間違いないでしょう。


しらいし1「しらいし」の店構え。
これは裏口の方で、間口はご覧の通り狭いのですが・・・
















しらいし2俗に言う「うなぎの寝床」みたいな土地。
かなり奥行きのある建物です。店舗はこのずっと奥の方にあります。















しらいし3狭い通路をずんずん進んで・・・

















しらいし4ようやくお店の入り口(裏口)にたどり着きました(^^)
店内の写真は撮り忘れましたが、比較的こじんまりとした感じであまり大人数は入れません。














「鰻」といっても、ピンからキリまで・・・・・
遠い遠い外国で捌かれ、白焼きにして送られてくるものもあれば、このお店のように注文を受けてから捌くところもあるわけで・・・


鰻
















この香ばしく焼き上げられた鰻の旨いこと!
普段食い物に無頓着な私にでも、さすがにその違いは一目瞭然。プリプリの弾力たっぷりの身を噛むほどに、お口の中が「旨いもの」で満たされてゆく・・・この幸福感!!
味わいの良さはもちろんだが、この食感が何とも言えない。あっという間に平らげてしまいました。


ところで、、、
個人的には、鰻はタレもろともご飯にかけた方が旨いと思うのですが、「ご飯と鰻は別々じゃないと嫌だ!」とおっしゃる人もいるようですね。
せっかくの鰻を細切れにしてご飯に混ぜるのは個人的にはどうかと思いますが・・・ご飯の上に乗っけて食うのは「鰻」に限らず大好きであります...(^^)

あなたは「乗っける派」?それとも「別々派」??

nobu1964jp at 08:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)食いモンなど… 

2006年01月27日

再び…香酒盃

料理1料理2料理3







先日、市内の某ホテルで行われた新年会・・・料理もそれなりに美味しく楽しく過ごしたのだが、最も私の目を引いたもの・・・



それは・・・「香酒盃」。


香酒盃
















以前も紹介しましたが、有田焼の窯元の共同プロジェクトで開発された、焼酎のためのグラスです。「焼酎の香りを愉しむ」をコンセプトに形状を研究されたようで…器の真ん中辺りが膨らんでいて、グラスの口がやや狭まっているところがポイントのようです。これで飲むと、焼酎の香りがより一層引き立つのだとか。また、グラスの中の氷がコロコロときれいな音を立てるところまで計算されているそうです。


香酒盃2











うーむ、まさか人吉でこのグラスにお目にかかれるとは思ってなかった。発売されて間も無いのに、なかなかやるもんです、このホテル。上の画像はグラスが逆さまに置いてありますが、このようなオリジナルのグラスも作ってくれるんですね。


温泉ボールそしてこれは「温泉ボール」。
「球磨のちから」という温泉水をボール状に凍らせたもの。このお水、実にまろやかで美味い!!
普段ガブガブ飲むにはちょいと良いお値段だが・・・とっておきの焼酎を飲むには、こういうお水でロック・お湯割りを作るのも良いでしょう。





大きさはこのグラスにぴったり。溶けるまで時間がかかるので「オンザロック」をお好みの方には、この香酒盃と温泉ボールでいただくと、最強かと。

nobu1964jp at 06:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)焼酎 

2006年01月26日

山へ行ってきました

杉林















ちょっと遅くなりましたが、
日曜日は海へ、そして月曜日は・・・お仕事関係で山へ行ってきました。
ご覧の通りの杉林。これを見ただけで鼻がムズムズしてくる人もいるかも知れませんが…そろそろ花粉が飛び散る季節。


私は幸い今のところ何ともないですが、いつ花粉症になるか?!戦々恐々としております。


杉木立いざ、杉木立の中へ。
この森は草があまり生えてなかったので、歩くのも楽でした。本当は草が生えていた方が保水力があって良いのですが、木が大きく茂ってくると地面まで日光が届かず、草も生えない状態になってしまいます。台風や大雨で崩れやすいのも、こういうところです。










雑木林雑木林2











雑木林の中は、なかなか日が差さず、草はほとんど生えていません。葉っぱが積もっているだけ。しかし、ただ歩くだけなら楽なんですが・・・そこは「山」なんで、斜面を上ったり下ったり・・・我が身の重さを嫌でも意識させられます...(-_-;)


被害木これは鹿に樹皮を食べられた桧。こうなると途中で腐ったり枯れたりします。この地域だけでも数万等は居ると言われる鹿・・・愛くるしい動物ですが、駆除される動物でもあります。鹿肉はあまり旨くないと言われてますが、上等な部位のお刺し身は、それはもう…メチャクチャ旨いです。めったに口にすることはありませんが。













霜柱ススキ











それにしても、山の冷え込みはきつい。午後になっても霜柱は溶けず。




・・・と言うことで、半日ほど山歩きをして少々疲れましたので、ダレヤメは、、、


待宵高橋酒造の「待宵」米麹・28度。
立ち上がる香りはフルーティーで、いかにも減圧米焼酎といった感じですが、味わいの方は若干濃く感じますね。(度数もほんのちょっと高いが)
しかし、この時食べたピリ辛豆のせいで味が分からなくなってしまった(>_<)
こんなつまみで飲んじゃいけませんね、この焼酎は。食中酒として和食なんかと合わせると良さそうです。

nobu1964jp at 08:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)アウトドア | 焼酎

2006年01月25日

寒い冬を暖かく・・・

寒い夜は・・・やっぱり「ポン酢」さんの出番が多くなりますね。


ポン酢
















そいでもって、「ポン酢」と「温泉湯豆腐」のセット。

冷たい豆腐も温めれば・・・皆で楽しくつつきたいものです(笑)


湯豆腐




















シンプル かつ ヘルシー に生きたいと思う、今日この頃〜。


nobu1964jp at 00:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)食いモンなど… 

2006年01月24日

今夜は新年会

fb179bea.jpg何だかんだで楽しい夜でした。
地元・人吉の「繊月」と「黒伊佐錦」を飲んで、良い具合に酔ってます〜(*^_^*)


nobu1964jp at 22:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)飲ン方 

2006年01月23日

性懲りも無く…

先週一週間はずっと風邪気味で調子が悪く、日曜日は自宅で完全休養のつもり、だったのだが・・・
のどの風邪程度、私自身がもう十数年も患っている病気に比べると大した事は無い。

この病気、聞くところによると、、、
完治率がきわめて低く死ぬまで治らないと言われている。

それは・・・・・








【釣り中毒】


私などまだ軽症の方だと思うが、それでも今年6回目の禁断症状が出てしまった(笑)


もともと出掛けるつもりは無かったのだが・・・
先日初めて使ったクーラーに亀裂が入っていたので、これを買った某ディスカウントストアーに相談に行く事にした。クーラーを持って行くなら、釣り道具一式とりあえず車に積んで、と...(^^;

・・・ということで、ずいぶん前に買った(去年の10月)クーラーだったが、自分としては手荒な扱いもしてないし、「割れた原因が思い当たらないので…」と相談したところ、「申し訳ないですが同品の在庫がないので…」と言われて、あっさり返金ということで応じてくれた。

損したのか得したのか・・・
とりあえず、帰ってきたお金でまた新しいクーラーを買うとしよう。


さて、前置きが長くなってしまったが・・・・・


平国漁港














この日出掛けたのは、不知火海沿いの津奈木町。この港は平国漁港で、この辺りでは比較的規模の大きい港で釣りの好ポイントになっているのだが・・・釣り人のマナーの悪さも群を抜いている。港の入り口はゴミの山で常に異臭が漂っており、防波堤の上は撒き餌が散乱しまことに汚い。

そのせいかどうか知らないが、最近になって一般人の立ち入りが禁止となってしまった。ゴミを捨てるのは釣り客に限った事ではないが、あのような惨状からからすると、やむを得ない事だろう。

・・・と、これもまた余談になってしまったが、


この日は北西の季節風が少々強く、港の中は波静かなものの、


不知火海港の外はご覧のように白波が立って、風がまともに吹きつけてきます。
ライトタックルのルアーではなかなか釣りづらく・・・ルアーを投げても風に押し戻されるし、ラインは風に煽られるまま。アタリもほとんど分かりません。







しばらく竿を出してみたものの、どうにも釣れそうな雰囲気ではない(←なんの根拠も無い)ので、岬の付け根の風裏のポイントに移動した。


不知火海2風裏のポイントに入ると、波も穏やかです。しかし、私はこの場所で魚を釣ったことは無い。
ロケーションとしてはなかなか良いのだが。。。









この日は明確な狙いがあって出てきたわけじゃないのだが、とりあえず「メバル」でも釣れないかな?という非常に甘〜い考えでおりました。しかし、ポイントもロクに知らずメソッドもよく分からないのに釣れるほど、世の中甘くはありません。

しばらく粘ってみたものの、当然アタリは全くありません。
こういう場所…岩礁帯の底層を狙えば、アラカブが高確率でヒットしてくるのは分かってますが、根がかりする率も同じぐらい高いので・・・

それでも、何も釣れないので狙いをアラカブに変更し、ソフトルアーで底層を探ってみます。この辺りは水深の変化のある岩礁帯で、ルアーの感触から海藻もけっこう生い茂っているようです。

・・・と思っていたら、根がかり!!
でも慌てない。一度ラインを思い切って緩め、再び思い切ってロッドをあおってみると外れる場合が多い。

ラインを通してゴツゴツとくる感触は、ルアーが海底の岩を叩いているところで、何となくモゾモゾとした感触は海藻が生えている場所だろう。

そのうちに…また根がかり!!
今度はラインを緩めても外れない。仕方がない、ラインを手で引っ張ってみる。グゥーッと重くなるこの感触は海藻かも?じわじわ引っ張ったらそのうちフッと軽くなったが、まだラインの先にはルアーの重さが感じられる。どうやらライン切れせずに外れたようだ。

こういう海藻が多いところはメバルのポイントになりそうなのだが・・・いきなりルアーでチャレンジしても、状況を判断するのはやっぱり難しい。
魚は居るがウデが悪くて釣れないのかも知れないし、ただ単に活性が低いだけなのかも知れない。何にしても、新規開拓ってのは難しいもんです。



不知火海3やがて陽も沈みかけて、風はますます強さを増し、寒さが身にしみてきます。
不知火海のような内海は荒れても大した事はありませんが、場所によっては風が異常に強く吹いたりします。この岬の突端も強風が吹き抜け、波が磯を洗って行きます。







それで、しばらく底層を探っていたら、何やらモゾモゾしたアタリが・・・


アラカブ














素早くアワセを入れてリールを巻くが、最初は「ゴミか?海藻か??」と思うほど魚の感触がしない。しかし・・・ルアーをくわえて上がってきたのは、やや小振りの腹ボテのアラカブ君(カサゴ)でした。

ご覧のようにお腹がパンパンに膨らんでいます。そろそろ産卵期が近いのかも知れません。アラカブは卵をお腹の中で孵してから稚魚を産む魚だそうで、簡単に釣れる割には稚魚の数も少なく、成長するのにも数年掛かるそうです。

・・・ということで、この日唯一の釣果でしたが型的にももうひとつだったのでリリースしました。春になって稚魚をたくさん産んで欲しいものです。


その後は・・・またも根がかり!!
今度はどーやっても外れず、手で引っ張ったところ・・・ラインシステムがプッツン。糸が完全に切れてしまいました。根がかり覚悟のソフトルアーとは言え、やっぱりラインが切れるとガックリです。

このところ中途半端な釣りが多いような気がしますが、とりあえず【中毒症状】(笑)も治まったし、もう日も暮れて寒くなってきたので、これを機に納竿。

釣りの方は次回に期待するとして・・・また一週間、仕事頑張ろう。
ちょっとハードな一週間になりそうですが。。。

nobu1964jp at 18:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣り 

2006年01月22日

ゆ乃鶴

うーむ.....のどの風邪が治らない.....(-_-;)
毎年のことだが、これに罹ると実に厄介。昼間はともかく、夜寝る時になってゴホゴホと発作のように咳きこむと本当に眠れない。昨夜は午前3時まで寝つけなかった。

当然のことながら体調は最悪なのだが、食後の昼寝(不思議なことに昼間はあっという間に眠り込んでしまう)でずいぶん楽になった。しかし、しばらくこんな状態が続くかと思うと何とも鬱陶しい。。。


それなのに・・・・・昨夜も飲み会へ。


ゆ乃鶴しかも持ち込み酎です。飲んだのは、「ゆ乃鶴」常圧米焼酎25度・豊永酒造。

豊永さんの焼酎飲むのは何年ぶりかな?常圧モノは初めてです。ラベルもいいですね〜これ。
栓を開けると予想以上に香りが立ってきます。
これ…減圧じゃないよね?と思うほどに華やいだ香りですが、それとはちょっと違う熟成されたこの感じは…やはり常圧で丁寧に作られた焼酎ならではでしょう。








まずはお湯割りにしていただきましたが、これは・・・何なんだろう?!
一瞬日本酒のような印象を受けるほどに、豊かで柔らかい香り。味わいの中身もいろんな要素があるように感じるのですが、全体の調和が取れていて、例えるなら…丸くトロリとしたような感じがします。まろやか。
ガツンと来る常圧米焼酎も良いですが、これはほんとうに柔らかく楽しみやすい。

裏ラベルによると、最小限度の濾過で旨味を残してあるのだとか。
いやー、こういう球磨焼酎もあったんだ…と、また一つ勉強になりました。


結局、風邪気味にもかかわらず、いつもの適量オーバーの一合ちょっと(笑)を飲み干して、それでもほろ酔い気分で帰途につきました。
悪酔いしないところは焼酎の良いところ(^^)

くま川鉄道帰りは「くま川鉄道」。
ガタンゴトンと揺られながら家路へ〜。









列車の「ガタゴト…」って、何でこんなに眠気を誘うのだろう...(_ _)zzZZ

nobu1964jp at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)焼酎 | 飲ン方

2006年01月21日

文蔵

新年会にて昨日は熊本市内で新年会でしたが…運転手の私はウーロン茶のみ...(+_+)
別にウーロン茶で過ごすのはいいんだけど、その後運転して帰るのが何とも面倒くさい!疲れる!!昨夜は帰るのに1時間半以上掛かってしまった。慣れない車でしかもお客さんを乗せてたし、けっこう神経使いました。









おまけに高速道は事故で渋滞。事故現場では…雨の中スピードの出し過ぎか?カーブを曲がりきれずに壁に接触した跡があり、車4台ほどが絡んでました。うち1台は横倒し。こういうことがあるから気が抜けないですね〜。飲み会の時はのんびり列車で行きたいもの。行き帰り寝てられるのでラクチンですし。(最近は鉄道も何かと危ないことが多いようですが)


そんなわけで、帰宅してからの「焼酎」ということで・・・


文蔵「文蔵」です。
常圧米焼酎25度、木下酒造場。

この「文蔵」は最近買ったばかりであまり飲み慣れてはいないのですが…何やら複雑な香りを感じます。例えるなら「木の香り」とでも言ったらよいでしょうか?この香りが幾筋もあるような感じで、そこに辛味と甘味が調和したような味わい。昨夜飲んだ「心月」ほどではありませんが、これも濾過が軽めなのか?お湯割りにしたら表面にたくさんの油が浮いているのが見えます。







米焼酎も、常圧モノになると各蔵の個性がよく出てくるように感じますね〜。

nobu1964jp at 10:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)飲ン方 | 焼酎