2006年06月07日

本日は・・・

1effe45a.jpg熊本出張です。

















・・・が、飲まず・食わず・遊ばず(笑)・・・で、まだ明るい時間なのに今からお帰りです。


nobu1964jp at 17:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日々徒然 

2006年06月06日

剣豪

本日は・・・この前の飲み会で飲んだ焼酎の紹介でも・・・


焼酎





















左の【赤霧島】は、前回の飲み会の残り物。独特の香りですね〜紫芋由来の成分が関係しているのでしょうか?
紫芋はアントシアニンと呼ばれるポリフェノールがたっぷり含まれているそうで、大変身体に良いのだとか。私はこの紫芋を使ったジュースを愛飲しておりますが、確かに肝機能は劇的に改善されましたね。



・・・と、本日のメインはこの話題じゃなくて、真ん中の焼酎【剣豪】であります。球磨郡錦町の蔵【常楽酒造】さんの製品です。球磨の焼酎としては珍しい【芋焼酎】なんです。無論、私の持ち込み酎です。

この【剣豪】は、新たな特産品の開発と遊休農地の有効利用を図るため、錦町観光協会とのタイアップから生まれた製品で、地元農家で栽培された黄金千貫を原料としております。

一昨年のサツマイモの植え付けから始まり、秋に収穫した20トンの芋を黒麹で仕込み、熟成期間を経て昨年発売されました。常楽酒造さんでは芋焼酎の生産は初めてだったそうで、鹿児島の杜氏さんに造りを学んだそうです。


剣豪





















味わってみると、かすかに蜜のような甘い香りがします。芋焼酎としてはオーソドックスな味わいかと思いますが、初年度でこの造り…試飲会では美味いと好評だったそうです。常楽酒造さんはこの他にも芋製品を出しておられ、今後の造りにも注目してみたいと思います。


なお銘柄名の【剣豪】は、この地で晩年を過ごした無敵の剣豪【丸目蔵人佐】にちなんでおります。人吉出身・元相良藩士。剣聖とうたわれた上泉伊勢守の高弟の一人で、同門には柳生宗厳(石舟斎)らもいましたが、その強さは群を抜いていたそうです。

nobu1964jp at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 焼酎 

2006年06月05日

菖蒲

本日は・・・何もネタがありませぬ。うぅっ...(><)










・・・ということで、菖蒲の花でもご覧ください・・・


菖蒲



















・・・次は、アジサイの花でも撮っておくか。

nobu1964jp at 19:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 手抜き | 風景

2006年06月04日

本日は…

ここに来てます。


70a8d287.jpg















満腹・満足でした。














・・・・・・が、




あまりに腹が減っていたため、写真を撮る前に食い物に手を付けてしまうという・・・ブロガー的にはやってはいけない失態をかましてしまいました...(>_<)




食べかけの画像で申し訳ないが・・・【みその】のまぐろラーメンです。


まぐろラーメン




















このスープは本当に美味い。あっさり味だが芯がしっかりしてて、麺との相性も素晴らしいと思う。
今回も最後の一滴までいただきました。シャキシャキのモヤシに、まぐろの【づけ】がまた何とも・・・至福の味わいであります。


いつも「他のラーメンも美味そう・・・」と思いつつも、つい「まぐろ…」をオーダーしてしまう、【リピーター】と化しております。でも、そのうちに・・・レギュラーのラーメンも食べてみよう。

そういえば、焼酎も【レギュラー品は全然飲んだことがない】・・・ってパターンが、けっこう多いかも...(^^;

nobu1964jp at 13:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0) ドライブ | ラーメン

2006年06月03日

今年の梅酒・・・

先日、梅ちぎりをしたことはお伝えしましたが・・・


梅











その後お約束通り、梅酒2本と梅酢1本を仕込みました。
ただ、漬け込むにあたって少々悩んだこと・・・【どの焼酎で漬けるか?】


今回は、米・芋それぞれの常圧焼酎で漬け込むつもりだったのですが、米の方の銘柄はすでに決まっておりまして・・・


暁




















これです。アカツキ酒造の【暁】35度です。
宮崎・高千穂の、知る人ぞ知る強烈な米焼酎です。20度のものはブワッと来る香りが強烈だったものの、柔らかい味わいでそれなりに美味しく飲めたのだが、この35度はさすがに…ドッカン!と来ました。

かなり手ごわい焼酎だったし、あともう一本あるので・・・【米】はこれで作ってみることにしました。

それにしてもすごい匂い!梅との相性はどうなんでしょう???



さて、悩んだのは【芋】の銘柄。35度のものがあれば良いのだが、こちらではそういうものはほとんど見かけない。先日、湯前の酒屋で35度の島美人を見かけたのだが・・・。


仕事帰りの午後9時、今から湯前に行く訳にも行かず(たぶん閉店してるだろうし)、地元・人吉では見たことが無いし・・・結局悩みつつも、手持ちの焼酎で漬けてみようということで、砂糖と広口瓶を買って帰宅した。




さぁて・・・どれで漬けましょうかねぇ?




これは・・・どうかな?


さつま寿













・・・冗談です。
今や簡単に開けられない銘柄となってしまいました。



じゃあ、これは・・・


八千代伝













いやいや・・・これも冗談です。
ちょっと高いし、やっぱ和紙で包んだ焼酎は・・・



これも・・・


竹翁













やっぱ開けられないですね〜。



これも・・・


かせだ













いくらで買ったのかも憶えてませんが、梅酒にするにはもったいないでしょう。



その他にも・・・・・


日南娘













いろいろ・・・・・



七夕













ありましたが・・・・・




最後に選んだのは・・・この3本。


梅焼酎候補





















【暁】は決定なんで、残った【紅岳】と【白玉の露】・・・どちらにするか?



【白玉の露】・・・こちらにはほとんど売ってないし、鹿児島県内でも北部地方にはあまり出回ってないようです。かなりもったいない気もしましたが・・・この蔵のレギュラー酒だし、南大隅地方へ行けば買えるだろうし・・・今回はこれで漬けることにしました。


白玉の露




















でも、全然味わってないので、漬け込む前にお湯わりで一杯だけ味わってみました。


・・・と、これは・・・香りが立って美味いじゃないですか〜〜〜!!


けっこう好みかも・・・う〜ん、もったいない!!



・・・で、迷ってしまって【紅岳】の方も開けて飲んでみたのですが・・・
こちらも結局【もったいない】という結論に達し、【白玉の露】で漬けることにしました。



泣く泣く?【白玉の露】を4L瓶に漬け込んでみました。右端のは梅酢です。


梅酒
















【暁】の強烈な香りは・・・梅の香りとケンカしてないか?!
【白玉の露】の方は、これは梅との相性はかなり良さそう。


いずれも味が馴染んで美味しい梅酒になることを期待したいです。



それにしても・・・何だか・色が・少し黒ずんでいますね〜。

・・・そうです、今回は冒険してしまいました。素直に氷砂糖だけで漬ければ良いものを・・・【黒糖】を少々入れてしまいました。

【美味い梅酒】が出来るのか、それとも・・・【我慢して飲む】シロモノになってしまうのか・・・出来上がりが非常に楽しみ(不安)な今年の梅酒です。

nobu1964jp at 15:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 焼酎 

2006年06月02日

ようやく・・・

直ったみたいですな、ライブドアブログ。。。




昨日から丸一日以上アクセスできず、手も足も出なかったので・・・

【このまま終わるのか?!】と思いましたよ。






はぁ〜〜〜、今日は疲れたので、とりあえずこれだけ・・・・・









・・・だけでは寂しいので、先日の晩飯・久々のほか弁【親子丼】であります。



後ろの一本は・・・ニシムタで見かけたので、ネタ的に買ってまいりました。


いったいどこの・どのような人が飲んでいるのか?非常に興味があります。これってもしかして…終売品なのでしょうか?



純米白波


























【純米白波】・・・いわゆる普通の減圧米焼酎・・・ってところでしょうか?

nobu1964jp at 18:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 食いモンなど… | 焼酎

2006年06月01日

7−11

我が街人吉にも、ついにやって来ました【セブンイレブン】。


7-11















誤解の無きように・・・我が街は田舎ではありますが、コンビニはすでに乱立状態でありまして、人口比からいくと店舗数はかなり多い方かも知れません。競合店舗の多い中、不採算で撤退した店もすでに数軒あります。

そんな中、出店に関しては綿密なリサーチを行い、比較的【堅い】と言われる同店が人吉球磨へ初めて進出。コンビニフリークに言わせると、他店とは「ひと味違う」んだそうで(笑)私もこれからちょくちょく利用することになるでしょう。

ちなみに、個人的に出店して欲しいのは…吉野家だが、人口少ないし採算面で厳しいのでしょう。出てくる気配無しです。



さて、コンビニでとりあえずチェックするのは、お酒コーナーの【焼酎】。ここの品揃えは・・・


酒コーナー





















【舞繊月】【白岳しろ】【かなた】は、この辺りの定番でありますが、なぜか【川辺】【秋の露】・・・それに常圧の【文蔵】【特吟六調子】はかなり珍しいかも。○ショップ系なら、だいたい訳の分からん商品構成だったりするので何があっても驚かないのですが、、、


ふ〜む.....こう来ましたか、セブンイレブン。常圧モノを置いてあるところは店主のこだわりでしょうか?


ちなみに【芋】に関しては、【さつま白波】のペット・紙パックが多く、他には【島美人】【黒霧島】【黒伊佐錦】の紙パックでした。【さつま白波】って意外と出てないんですよね、球磨では・・・。コンビニでこれだけ置いてるところは珍しいかも。




ところで最近は極力【無駄遣い】はするまいと、気をつけてはいるつもりなのだが・・・

何とも緩い、我が財布のヒモ。。。


福袋














レジでの精算直前に…つい手が伸びてしまった【福袋】。まあ、中身は多少お得になってるんでしょうが・・・【唐揚げ棒】1本のオマケ付きでした。

nobu1964jp at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コンブニ | 焼酎

2006年05月31日

奥球磨よ〜い丼

昨日書いた通り、この前の日曜日は【よんどころない事情】のため、【繊月祭り】にはちょっと顔を出した程度でした。




その【事情】というやつですが・・・・・


これも先日書いた「湯前にて・・・」で紹介した、【奥球磨よ〜い丼フェア】。その期間が今月末までということだったので、遅まきながら行ってみることにしたのです。


奥球磨丼フェア

























多良木町・湯前町・水上村の奥球磨3町村の飲食店が、それぞれ趣向を凝らした丼を作っています。ホント、もっと早く気付いて行ってたら良かったのに・・・この日が最後の日曜日なので、味わえるのは最初で最後かも。

どのお店に行くか迷った揚げ句、湯前の【魚八】の【八戒丼】を食してみることにしました。【八戒】とは、【猪八戒】にちなんでつけたのでしょう。豚の角煮が載った丼です。



【魚八】はその名の通り、生け簀があって魚の美味しいお店です。一度来たことがありますが、美味しくてお値段も安い。大変好ましいお店です。

焼酎のキープボトルをチラッと眺めたところ、【極楽】がけっこうありました。「おおっ!ここでは常圧モノが頑張ってるな!!」・・・と思いましたが、よく考えたら減圧モノもあるんですよね、【極楽】は。ここのはどっちなんだろう?やっぱ減圧なんだろうか?

他には豊永酒造さんの【酔って候】がよく飲まれているみたいですね、湯前地区では。



さて、いよいよ、その・・・【八戒丼】が運ばれてきました。


八戒丼1


















ご覧の通り、丼には大きめの豚の角煮と半熟卵、それにお漬物・もずく・貝の味噌汁がついて850円です。このボリュームでは安いと思いました。



それとこの丼、ただの丼じゃないです。


八戒丼2




















運ばれてきた時は、ジュージュー音を立てていまして・・・いわゆる石焼鍋なんですね。ただの丼飯ではなく、おこげも楽しめるという・・・至れり尽くせりの丼です。

主役の豚の角煮はプルプル・トロトロ・・・レンゲで軽くすくっただけでほろりと崩れてしまいそうな軟らかさ。ん〜〜〜うまい!!



玉子は取り出すのが遅くて半分固まってしまいました。


八戒丼3





















個人的な感想としては、タレがもう少し多めにかかってたらよかったかな。それと緑が少しあった方が彩り的にも良いかと・・・。

それでも、このトロトロの角煮とボリュームの多さには大満足。脂分が多いのでそんなにしょっちゅう食べられる感じではないですが、フェア終了後もぜひメニューに載せてもらいたい一品でした。


店の人にそんな話をしたところ、【今後については・・・検討中】だそうです。
メニューに載せるかどうかはともかく、来年もこの手のフェアをやってもらいたいものです。
(たった一品しか食べられなかったし...(^^; )

nobu1964jp at 15:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 食いモンなど… 

2006年05月30日

ちょっとだけ繊月祭り

先日の日曜日は【繊月祭り】でした。



今年はお天気にも恵まれ、相当な人出だったことでしょう。


繊月祭り



















【…だったことでしょう】・・・というのは、実は・・・・・


この日私は【諸般の事情】により、ちょっと出かけておりまして・・・会場入りしたのはもうそろそろ閉会しようかという時間でした。利き酒コーナーやお楽しみの抽選も終わっておりまして、【大古酒の試飲】と【売店の試飲】を回っただけでした。
しかも自分自身は【飲まず】...(^^;


・・・なので、まともなレポはありませぬ。写真も3枚だけ。



それでも会場内にはまだ大勢のお客さんがおりまして、本日の盛況ぶりの余韻が感じられました。自力航行できずにケーサツのお世話になったり、救護を必要とするほどしたたかに飲まれた【酔くらい】の方々もかなりおられました。



ちょっとだけ撮った写真は・・・


プライベートボトル

















工場2階の売店に展示してある、プライベートボトルです。



プライベートボトル2

















こういうのを眺めつつ、せっかく来たのだからと購入したのは・・・


芳醇峰の露



























【芳醇・峰の露】です。
以前の社名でもある【峰の露】を冠する一本ですが、これは常圧蒸留だとか。以前これを飲んだ時は、レギュラーの【繊月】に比べて確かに香り豊かだったような気がします。ただ、一般的な【減圧】と【常圧】の違いというほどの極端な味わいの差は無かったような気がしますが・・・なにぶん、昔のことなんで、はっきりと憶えておりません。今度はじっくり味わってみようと思います。




話変わって・・・この日の夜は飲み会でした。


飲み会

























私は全麹仕込みの常圧古酒【完がこい】を持ち込み。その他は居酒屋の飲み放題メニューから【繊月】と【黒伊佐錦】でした。

そういえばこの【完がこい】も、常圧というイメージからするとずいぶん穏やかな味わいでした。
【繊月】は地元・人吉のレギュラー酒的な存在で、最も飲まれていると思われます。この香りと味わいがスタンダード・全ての判断基準に生っているような気もします。

一方、人吉球磨で【芋】と言えばコレ・・・と言ってもいいほど、ほとんどの居酒屋に置いてあるのがこの【黒伊佐錦】。完全に根付いている感があります。人吉球磨の居酒屋で飲まれている量の銘柄別でいけば、かなり上位に来るものと思われます。球磨焼酎は各地域(町村)によって飲まれている銘柄がずいぶん違うので、ひょっとすると・・・・・

nobu1964jp at 15:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 焼酎 

2006年05月29日

梅、収穫しました

昨日は昼間出かけておりまして・・・夕方帰ってきてから庭の梅をちぎりました。
人吉の梅園は今年豊作だったそうで・・・この土日は一般開放されたので大勢の人が梅を収穫したと思われます。



さて、我が家の梅の収穫はというと・・・


梅























ご覧の通り、大鍋に半分ちょっとの収穫量でした。昨年はアリマキが大量に発生してしまい、その後遺症からか?枝の半分ほどは実をつけませんでしたが、まあまあといったところでしょうか。先日まではきれいな実をしていましたが、熟れてきて虫食いがけっこう多かったです。


とりあえずよく洗って水に浸し、今夜にでも焼酎に漬けて【梅酒】づくりです。去年漬けた【芋焼酎】の梅酒がことのほか美味しかったので、今年も【芋】と、もう一本ほど作れそうなので【常圧・米】で漬けてみたいと思います。

梅の香りが強いので、焼酎の違いが分かるかどうか微妙ですが・・・【気は心!】ということで、出来上がりが楽しみです...(^^)

nobu1964jp at 11:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 季節