2005年07月31日

黒之瀬戸のネイゴ

人吉駅でSLを見物したあと、今度は釣りに行くことにした。折り返しの上り列車を撮ることも考えたのだが、それには時間がありすぎるので芦北方面へ車を走らせた。

芦北は天草諸島に囲まれた内湾の不知火海(八代海)の東側に位置しており、先日はソフトルアーでアラカブ(カサゴ)がたくさん釣れて楽しかった。今回も何か釣れるだろうと行ってみたのだが、ちょうど着く頃になって雨が落ちてきた。しかも雨だけならともかく、雷まで鳴り出した。

雷には過去に恐ろしい思いをしたのでここでは釣りをすることを断念し、阿久根へ向かった。今日の午後は曇りの予報だったが、当てにならないものだ。途中ではバケツをひっくり返したような土砂降りにあったが、やがて小降りになってきた。しかしまだ雨は降り止まないので、近くの大型スーパーで買い物をすることにした。来週行う予定の仲間内の釣り大会の賞品を買いそろえるためだ。

時刻はもう夕方だが、九州の日の入りは遅い。とりあえず空を眺めて、雲が切れかかっている長島方面へ行ってみることにした。この周辺はミズイカ(アオリイカ)がよく釣れるところだ。黒之瀬戸大橋を渡り、海峡に面した小さな港で竿を出すことにした。


kuronoseto










ところで今はちょうど潮止まりの時間帯というのもあるが、この場所にしては珍しく海面は静まり返っている。普段は潮の流れが速く3号餌木でも底がとれないこともあるほどなのだが。


今日のタックルはソルカの6フィートロッドにツインパワー。ラインはナイロンの4ポンドを巻いてある。これからの季節、メッキアジを狙うためのタックルだ。ただし、実は今までこの場所で「魚」を釣ったことはない。イカを釣るつもりで来たのだが、うっかりしてイカ餌木を持ってこなかったのだ。

とりあえず小型ミノーをセットして、物は試しとばかりに堤防の先端からキャストしてみることにした。今日は先客がいたがサビキ釣りの夫婦一組だけで、もうそろそろ帰るところだという。時折小型のバリ(アイゴ)やクロがかかってきているようだ。

こちらはミノー・メタルジグ・ソフトルアーなどいろいろ投げて魚の反応を探ったが、一度ソフトルアーにアタリがあっただけで何も釣れない。そうこうしているうちに、堤防の近くに小型の回遊魚がやって来た。メッキのようにも見えるがちょっと違うようだ。

まずは反応を見るため、メッキに実績のある小型ミノーを使ってみる。しかし戯れつくような感じで食いつきそうにない。そこで今度は極小のポッパーをセットしてキャストしてみる。正直ポッパーの扱いにはまだ慣れていないのだが、今日は水面も穏やかだしこれが良かったようだ。群れがアタックする姿が見え、やがてグイーンと竿が絞り込まれた。しかしアタリは柔らかでメッキのような鋭角的な引きではない。しかも魚体の割に強い力で、海底へ向かってグイグイ突っ込んで行く。


neigo















この魚はどうやら…締め込みをかわして抜き上げて見ると、予想通り25センチほどのネイゴ(カンパチの幼魚)だった。早速「次を・・・!」と思ってルアーをキャストしたが、群れはあっという間にどこかへ行ってしまった。その後四方八方へルアーをキャストするも、反応なし。

仕方がないので今度は少し離れた小磯からルアーを投げてみることにした。メタルジグをセットして、思いきり遠投&速巻き。しかしなかなかヒットしない。

そのうちに目の前の流れ藻の辺りで魚が跳ねるのが見えた。ぎりぎり届きそうな距離だ。ルアーを遠投し流れ藻の近くに着水させファストリトリーブ。すると、またもグイーンという感じでヒット。ここは先程の堤防と違って根が入り組んでいるので、あまり遊ばせることはせず引き寄せた。先程より気持ち大きめのネイゴだった。

その後はヒットもなくなったので納竿としたが、いつもの場所ながら初めてのヒットだったので、釣果としては今一つだったがそれなりに満足できた。
ルアーシーズンはまだまだこれから(…と自分では勝手にそう思ってる)だし、新しい釣り場やターゲットを開拓するのは実に楽しい。帰りの車中でもそんな事を思いながら家路を急いだのだった。

nobu1964jp at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣り 

SL人吉号

SLあそBOYとして走っている8620型蒸気機関車が、8月28日を最後に引退することになった。正確には、再引退というべきか。。。

IMG_2958

この機関車は大正生まれで、現役引退後人吉市の矢岳駅に静態保存されていたものを昭和63年に復活させたものだ。普段は「SLあそBOY」として土日を中心に豊肥本線を走っているが、年に数回は「SL人吉号」として、晩年働いていた人吉へ里帰り運転されている。

しかし、この運行も残すところ7月31日・8月21日の二日間だけとなってしまった。ちなみにSL引退が発表されて以降、SLあそBOY・人吉号ともに切符の入手が困難になり発売後数秒で売り切れるという状態となってしまった。駅に行って一応頼んでみたのだが、「ウチではまだ一枚も取れてないんですよ。」と駅員氏もあきらめ顔だ。
今まで乗る機会はもちろんあったのだが、あとの祭りである。
・・・そこで、せめて最後の雄姿を見ておこうと、渡駅近くの球磨川を渡る第二橋梁へ出かけることにした。列車を撮るには格好の場所だ。

引退間近のSLが走るということで、たくさんの鉄道ファンが来ているだろう・・・と予想していたが、案外少なく十数人といったところ。それでも皆さん熱心な鉄道ファンらしく、三脚を据えてカメラのセッティングは万端である。中には大型のビデオカメラを持ってきている人や、年代物の一眼レフカメラで撮影しようという人の姿も。

私はというと、これも年代物のデジカメ(笑)をポケットに放り込み、もちろん手持ちでの撮影である。(ちょっと場違いな感じだ)
こいつはシャッターボタンを押してから実際に切れるまでのタイムラグが恐ろしく長いので、動く被写体を捉えるにはつらいものがある。今どきのケータイのカメラよりちょっとマシな程度だ。

ところでこの日は未明まで降った大雨の影響で球磨川は泥にごり状態。せっかくなら青々とした川面をバックに撮りたいところだが、こればかりは仕方がない。
それでもゴムボートで川を下るラフティングの団体は、濁流の中で楽しそうに歓声を上げて鉄橋の橋脚にわざとぶつかって遊んでいる。この橋脚も相当古いが、幾度もの球磨川の洪水に耐え抜いてきたしっかりしたものである。

さて、時計を見ながら列車の通過を待っていると、川の対岸の踏み切りの警報器が鳴り始めた。「来たか?!」と思って身構えると、「いや、まだ早い。」との声が。SLの通過予定時刻よりも数分早くやってきたのは、ディーゼルカーの普通列車だ。

IMG_2945

一瞬緊張したその場の空気も少し緩み、皆さん肩慣らしするかのようにシャッターを切っていた。私もデジカメのタイミングを計るために一枚撮ってみた。これをやっておかないと、どのタイミングで撮ればいいのか全く分からないのだ。写った画像を見てみると、列車が鉄橋を抜けようかという時にシャッターを切ればドンピシャのタイミングだということが分かった。


さらに待つこと十数分・・・今日は列車が遅れているようだ。と、再び対岸の警報器が鳴り始めた。「今度こそは!」と皆が一斉に身構えたところ・・・「プァ〜ン」という警笛に一同苦笑い。そう、やって来たのはまたしてもディーゼルカーだった。

IMG_2947

今度は真っ赤な特急列車だ。「まあ、いろいろ見れていいじゃない!」と苦笑交じりに話す人も。
携帯で調べたら、今日の肥薩線は大雨のため午前10時まで運転を見合わせていたようで運休も出ているとか。しばらく待っていると、他の鉄仲間からの連絡を受けた方が、「10分前に瀬戸石を通過しました。」と皆に伝えていた。どうやら50分ほど遅れてやって来るようだ。



更に待つこと20分。再び警報器が鳴り始めた。今度こそは・・・「ピョ〜〜〜〜ッ」という警笛を長々と鳴らしながらSLがやって来た。

IMG_2948

記憶の中にあるデゴイチの荒々しい音とは違う、幾つかの音色が入り交じった伸びやかで美しい音だ。線路際で撮影している人へ注意を促すというより、わざわざSLを見に来た人たちへの挨拶のように聞こえた。

IMG_2949

IMG_2950

モクモクと煙を吐きながら、鉄橋を渡ってくる。「シュシュシュシュッ」と蒸気を吐き、リズミカルに線路のジョイント音を響かせながら、列車は一瞬のうちに目の前を通過して行った。あっという間の出来事だったが、やはり感動を覚えた。


台枠の歪みという致命的なトラブルを抱えて止むなく引退することになったわけだが、ディーゼル機関車の補助を仰いでいるとはいえ予想以上のスピードだった。撮影者の中からも「もう少しゆっくり走ってくれたらエエのに(笑)」という声も聞かれた。



さて、すぐに車に乗り込みSLの後を追おうとしたが、同じ思惑の「鉄」な方々が多くて思うように進まず、車が渡駅を通過した時には列車は煙を残して遠ざかって行くところだった。

IMG_2954

そして到着先の人吉駅はお祭り状態。駅のホームは撮影に興じる乗客や入場者でごった返しており、駅裏の道路も見物の人たちの縦列駐車の車がずらり。あらためてSLが多くの人に愛されていることを実感し、出来得るならば・・・再び復活する日が来ることを願わずにいられなかった。

(JR九州によると、台枠の新製が可能ならば復活させたい意向のようだが、図面もなく技術者も居ないということで難しそうです。)

この分だとSL人吉号のラストラン、そして正真正銘のラストランとなる8月28日は、沿線はお祭り状態でしょうな。

nobu1964jp at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)鉄道 

たこ焼き

今日は外をウロウロしてたので、昼食はコレ。


takoyaki















最近よく見かける「塩たこ」なるたこ焼き。マヨネーズと塩で味付けしてある。ソースよりもマヨネーズ好きな私としては嬉しい(^^)

たこ焼き好きになったのは、学生時代大阪にいた頃。
それまでは、たこ焼きは団子みたいな粉のかたまりにソースをぶっ掛けて、申し訳程度にタコのかけらが入っているというイメージしかなかった。多分、子供の頃に祭りの出店で食った不味いたこ焼きの印象から、あまり好きではなかったのだと思う。


いわゆる「外カリ中トロ」の大阪風たこ焼きにはまり、今ではたこ焼き器を購入して自宅で作るほどだけど、出来栄えの方はまだまだ。
特に外側のカリッとした食感を出すのは難しい。
ホント言うと「カリッ」とした状態のたこ焼きはトンでもなく熱いので、たいてい口中を火傷することになるのだが...(^^;
「外カリ」とは行かなくても、も少し皮の部分の焼き加減に工夫をしたいと思っている。

ところで最近タコの値段が高騰しているらしい。アフリカ産とかでも、小振りの半身で500円近くする。昔大阪で食ってたたこ焼きは200円〜300円ぐらいで安かったけど、この値段ではさすがに厳しいのでは?

我が家で作る時は採算度外視して、出し汁づくりから具の小海老・ネギ・諸々・・・たこ焼き屋で買うよりも、高くついております。



ちなみに今夜はコレ飲んでます。


tokinowasuremono















「時のわすれもの」。米・常圧蒸留です。

nobu1964jp at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)食いモンなど… | 焼酎

2005年07月30日

今夜もロックだが・・・

久しぶりにまとまった雨。今朝は落雷の音でたたき起こされた...(-_-;)

さて、今夜は何を飲もうか・・・
一升瓶に少し残っていた「小鹿本にごり」があったので、初めてロックで飲んでみた。
うむ...これは、やはりお湯割で飲んだほうがいいかも。


kojikahonnigori















だけど最近感じるのは、焼酎は一本じっくりつき合ってみないと分からない。最後の一杯になって、ようやく「美味い」と思えた銘柄もあったりしたから。。。

もっといろいろ飲んでみたいところだが、私はロック一杯が適量なので...(^^;
今夜はこれでお終い。


ちなみに今年はこの「小鹿本にごり」で梅酒を漬けました。
出来上がりが楽しみ!!

nobu1964jp at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)焼酎 

2005年07月29日

暑い夜は…

08788905.jpg















「かなた」をジャワティー割りで!

邪道っぽいけど、以前「かなた」を買ったら、お奨めの飲み方ということで紹介されてました。
少しリンゴの香りがする焼酎なので、アップルティーみたいです。

普段は芋か常圧の米だけど、暑い夏にはこういうのもよろしいかと。

nobu1964jp at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)焼酎 

初ブログ

・・・ということで始めてみました、”のぶ”のブログです。


日々の出来事や、趣味の釣り・焼酎・等々、書き綴ってみます。
なおブログタイトルは、


chabo









↑↑↑昔飼っていたペットから名付けました。


nobu1964jp at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々徒然