2005年12月20日

桜島の釣り〜その2〜

桜島の釣り〜その1〜の続き.....


リールのライントラブルというまるで初心者なみの失態で、釣りの好機と言える朝マズメ時も棒に振ってしまった。でも・・・ラインをゴシャゴシャに絡めてしまったのは、半分ぐらいはリールのせいだ!!(…と、言いたい!)

まあ、過ぎたことをアレコレ言っても仕方ないので、一息入れて気を取り直し、再び釣り開始。ルアーをメタルジグに換えて、海底付近を探ってみることにした。根がかりが怖いが、ヒラメが食ってくるかもしれない。そして海底を攻めること数投目、何かがヒットしたようだ。しかしあまり引かない。「何だろう?」と思いつつリールを巻くと、上がってきたのは・・・・・


オオモンハタ


















「オオモンハタ」でした。
「ハタ類」の区別はよく判りませんが、多分「オオモンハタ」だろうと。大きさは25センチほど。少々小振りではありますが、これがアラカブならまあまあのサイズ…ということで、まだ食したことがないのでキープです。


その後はアタリがないので、今度は餌木に付け替えてミズイカを狙う。餌木を沖へ向かって投げ(…といっても向かい風で全然飛ばないが)、一旦沈めてからシャクリを入れてイカを誘う。
すると数投目にグイッという感触でヒット。上がってきたのは胴寸19センチほどのサイズ。これはもちろんキープです。


ミズイカ1














使用餌木はヤマシタの「餌木F青3号」。派手なアクションはしないオーソドックスなタイプだが、自分にとっての大物である、ミズイカ1.1kg,カミナリイカ1.6kgを仕留めたのは、いずれもこの餌木だ。ダートアクション系の餌木が全盛の今でも、これは手放せないアイテムになっている。



ヒラメ














さらに場所を移動して、漁港の船だまりをバイブレーションで攻めていたらヒラメがヒット。しかし、ちょっと小さいですね〜。24センチほど。リリースです。でも、ヒラメがいることがわかったので、さらに期待を込めてキャスト。しかしその後は何もヒットしませんでした〜残念。



で、またまた場所を移動します。
桜島はたくさんの漁港・避難港があるので釣り場には事欠きません。
桟橋から少し南に下った漁港に行ってみました。餌木を投げてみたら・・・


ミズイカ2














胴寸17センチほどのミズイカがヒット。触腕2本に掛かっているだけでしたが、このサイズは難なく抜きあげられました。タモ入れサイズがヒットして欲しいところですが・・・。


やがて時刻はもうお昼過ぎ。その後はヒットがなく、別の防波堤や海岸でルアーを投げるもノーヒット。ちょっと疲れたので一旦納竿し、温泉水を買いに垂水市内へ。そして帰る途中、またまた海潟漁港で竿を出してみました。。ここは前回ソコソコの大物がヒットし、痛恨のラインブレイクを喫したところ。いったいあの魚の正体は何だったのか?何とか・・・今度こそは・・・!!

この場所は根がかりする危険がかなり高いが、思い切ってメタルジグを投入する。水深はかなりあるらしく、18gのメタルジグが着底するまで1分近くかかる。海底に着いたら竿を大きくシャクってルアーを魚にアピールする。キラキラと輝くルアーを海底付近で踊らせて、魚の食い気を誘う作戦だ。前回もこのやり方でヒットしたのだが、へなちょこタックルのため獲れなかったが。。。

しかし…なかなかヒットしない。一度だけグイッという手応えを感じたが、リールを2〜3回巻いたところでバレてしまった。
・・・で、さらに続けていると…やってしまった、根がかり...(>_<)
釣れない上に、また一つルアーを無くしてしまった。ガッカリ。。。
侘びしいものだが、何だかこういうパターンで納竿することが多い。
それにこの日は忘年会があるので、あまり遅くまでは居られない。そろそろ時間も迫ってきたので、未練を残しつつ海潟漁港を後にした。


海潟それでも…最後の最後に海潟漁港近くの砂浜でルアーを投げたが、、、
そんなに甘くありません。ノーヒットでした。












釣果この日の釣果。この後は忘年会だったので、慌ただしく下ごしらえだけ。


















煮付けオオモンハタは、後日、煮付けにしました。身が締まっててなかなか美味しい魚ですね。大きいのを釣って刺し身で食してみたいもの。












イカ天私は忘年会続きで、イカ刺しは家人がほとんど平らげました。私は残り物を天ぷらに…。
天ぷらにしても美味しいです、ミズイカ...(^^)
加熱調理するなら、取れたてよりも二日ほどおいた方が良いですね。









・・・ということで、多大な労力を払った割りには、かなーり寂しい釣果でありました。それでも、生きていれば、何か良いことの一つでもあるかと。
いつか釣れるかも知れない「大物」を夢見て、釣り人生はまだまだ続くのです(笑)

nobu1964jp at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣り 

2005年12月19日

黒亭

7586adfb.jpg本日は熊本へ出張でした。早目に用事も終わったので、いざ昼飯(笑)
今回はラーメン。熊本の有名店・黒亭です。トンコツラーメンは久々のような気が…。
お昼前というのに、店内は客でいっぱい。辛うじて空いていたカウンター席に座り注文したのは、「ラーメン」560円也。
しばらくして運ばれてきた丼はやや小振りで、具には海苔・チャーシュー・ネギ・キクラゲ…香ばしい揚げニンニクの香りが食欲をそそります。





スープを一口…う〜ん、まさに豚の香り!!
濃厚ですが、ダシが効いた芯のしっかりした味わいでベタベタした感じはありません。麺はやや固め、チャーシューは脂身の少ないサッパリしたものですが、味付けは濃い目。サラリーマンなど、常連客の多さも頷ける。さすがに旨い!!

そんな訳で、汁も残さずあっと言う間に平らげてしまいました。なんだかもう一杯いけそうです(^^)

量は少な目な感じでしたが、食べ終わってなお「また食べたい!」と思わせるところが人気の所以なのかも。。。


追記

黒亭「黒亭」の外観。















KAB場所は熊本駅前の通りを南に歩き、左に折れてKAB(熊本朝日放送)の前を過ぎて少し行ったところ。歩いて10分ほど。駐車場もあるようです。

nobu1964jp at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン 

2005年12月18日

桜島の釣り〜その1〜

賞味期限ギリギリのネタですが・・・
先週の薩摩精酎組忘年会の後の行動報告です。

この日は冷たい雨が降る中、久しぶりに車泊となった。狭い車内だが一応身体は伸ばせるし、シュラフを重ねているのでかなり暖かい。以前、雪が降り積もるなか車泊した時と比べれば、かなり快適であります。ところが、この夜は周りの騒音が気になってなかなか寝付けなかった。駐車場の選択を間違った・・・もう少し静かなところにすれば良かった。

それで一晩中ウトウト・・・何となく寝たような…寝てないような…そんな感じで午前4時過ぎに目が覚めた。朝マズメ時は桜島で釣りをしようと考えていたので、吉野家で朝食をとってから桜島フェリー乗り場へ向かう。辺りはまだ真っ暗だが、早朝から仕事の方々だろうか?結構な台数の車が乗船してきた。もちろん、いかにも「堂々の朝帰り…」という風な人たちの姿も見受けられましたが。

しばらく待って乗船開始。桜島へ着くまでの間に釣りの準備をしようと車の中でラインシステムを組んでみるが、手元は暗く目もショボショボ…寝不足のせいか、どうも上手くいかない。鹿児島市内と違い海上は結構風が吹いているようで、フェリーも少々揺れている。仕方がないので桜島に到着してから近くのコンビニで一息入れて、お店の明かりを頼りにあらためてラインシステムを組み、近くの避難港へ向かった。

浜辺に突き出したこの避難港には水銀灯がひとつポツンと点いており、目の前には鹿児島市内の街灯りが望める。岸壁の先の海は多くの養殖いけすがあり、海底は急激に落ち込んでいるらしくかなりの水深がある。
車から降りて岸壁に立ってみると、思いのほか風が強い。これで真冬の寒気が入っていたら、多少の寒さには慣れてる私と言えども、とても耐えられなかっただろう。

さて、太刀魚か…シーバスか…何が釣れるかわからないが、とりあえずやってみよう。さっそくタックルを取り出しセットする。ロッドはサーフスターの7フィート、リールはツインパワー2500に10ポンドナイロンを巻いてある。

ところが・・・ロッドのガイドに糸を通すという簡単なことが上手くいかない。強い風にあおられて、スプールに巻いてある糸が勝手にパラパラと解けてリールに絡みついてしまうのだ。際限なく出ていこうとする糸を止めようと、あわててリールのベイルを戻すと…今度はハンドルの重みでローターが勝手にクルクル回って、バラバラに解けた糸をリールの内部に絡めとってしまった。ここまで絡んでしまうと、一度スプールを外さないとどうにもならない。取り出してみると、ラインが内部のシャフトに巻き付いてグリスにまみれている。うぐぐ...(-"-;)

風に煽られながら、悪戦苦闘すること十数分・・・いや、もっとかかっていたかも。なんとか【ラインをガイドに通すだけ】の作業が終わった。何だか釣りをする前からドッと疲れてしまったが、気を取り直してルアーをセットする。まずはミノープラグでタチウオがいるかどうか…探ってみることにした。
ところが、ほんの数投したところでバックラッシュ!!糸がゴシャゴシャに絡まってしまった。(>_<)

前振り【リールの話・・・】の通り、いきなりトラブルに見舞われたこの日の釣りだが、、、
絡んだ糸を解こうと悪戦苦闘することさらに数十分・・・気がついたらすっかり夜は明け、周りは平穏な朝の風景に。結局、ほんの数投しただけで桜島の朝マズメの釣りは終わってしまった。
いったい、何のために早起きしたのか、と・・・(-"-#)

錦江湾このあと、さらに続く〜予定。

nobu1964jp at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣り 

2005年12月17日

リールの話など・・・

(マニアックな釣りネタです)


ツインパワー13年ほど前に買ったリール、シマノの「ツインパワー」です。釣り人なら誰でもご存知の通り、リールに関しては「シマノ」か「ダイワ」・・・この二大釣り具メーカーでシェアのほとんどを分け合っています。それまで使っていたリールはガタが出始めたので、そろそろ新しいものを・・・ということで買うことにしました。












このリールは、自分がこれまで買った中では一番高価な部類。お値段は2万円ほど。無論、もっと高価なリールもあるわけだが、実用性からいったら…これより安価なリールでも十分な性能を備えている。強いて違いをあげるとすると、ちょっとだけ良い素材を使っていたり、回転を良くするベアリングの数が少し多かったりするだけで、高級機も中級機も基本的な構造・機構はあまり変わらない場合が多い。


ツインパワー2













これを選んだのは滑らかな回転性能と、ルアーの飛距離が伸びる「スーパースローオシュレート機構」なるものを使ってみたかったから。それに「せっかく買うのなら…」と、ちょっと奮発してシマノの中での上位機種に。
さすがに6万もする「ステラ」には手が出なかったが。。。

さて、この「スーパースローオシュレート機構」はラインを巻く時のスプールの前後の動きを少なくし、密巻きにすることによってライン放出時の抵抗を減らすというものだとか。
ライバルメーカーのダイワのリールはこの逆の「クロスラップ」という手法で、上のラインと下巻きのラインとが交差するような形で巻かれているのが興味深い。

いずれにしても、ラインの抵抗が少なくなればルアーの飛距離も期待できる。単純に言うと、ルアーの飛距離が伸びれば探れる範囲も広くなり釣果も伸びる…はず。

まあ、実際の釣りはそんなに単純なものではないが。。。
しかし、自分にとっては「高価な」リールなので、実はしばらくは使わずに大事に飾っていた...(^^;
主力機として使い始めたのは、最近のことなのであります。


ツインパワー3ところで、使い始めてすぐに感じたのは何とも滑らかなリールの動き。スプールの頭を軽く押しただけでリールのハンドル・ローターが回転するではないか!軽い力で巻き上げられるし、余分な遊びのないカチッとした感触は使っていて気持ちよい。だからといって釣果が伸びた訳じゃないが、こういうのは「気分」というのも大事な要素なんです。





しかし、ひとつ気になることが・・・
ルアーを投げるうちに起こる「バックラッシュ」。スピニングリールの宿命なのだが、使っているうちに糸に縒りが入り、これが下糸を巻き込んで一気に放出されゴシャゴシャに絡まってしまうことがある。最近のリールは糸の縒りが入りにくいよう工夫がされていて、こんなに起きることはあまりないと思うのだが・・・何だか発生頻度が多い気がする。

その後も釣りに行くたびにこのトラブルに悩まされ、ひどい時は朝一番の第一投目でラインがグシャグシャになることも。最初は、ラインをリールに巻き取る段階でヨリが入り過ぎているのかと思っていたが・・・どうやら「スーパースローオシュレート…」のラインの放出抵抗の少なさが災いしてるような気がする。


ツインパワー4さらに困ったことに、ラインがぱらぱらと解けやすい所に持ってきて、前述の通りリールの動きは非常に滑らか。ハンドルの重みでローターが勝手に回転してしまう。なので、部屋の中で普通に手に持っただけでもご覧の通り、ラインが解ける→ローターが勝手に回る→リール本体に糸が絡み付くという、昔のハンドルの重いリールでは考えられなかったトラブルに悩まされている...(--;







ちなみにこのリールには、普通はついている糸止め…

エンブレム←これが付いていません。なんで、普通に持ち歩くときも、油断してるとラインがそこら中に絡み付いて大変なことになります。こんなリールを実際のフィールドで使うとどうなるかは・・・ご想像の通り。
シマノはろくにフィールドテストもやってないのだろうか?と思ってしまう。技術者の自己満足で作ったモノじゃぁダメですゾ!!





・・・と愚痴りつつも、大枚はたいて(…と言っても2万だが…)買ったし、しばらくは我慢して使うしかなさそう...(--;




ということで、長〜い前振りでしたが、
この続き・フィールド編はまた後ほど・・・

nobu1964jp at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣り 

2005年12月16日

只今バックアップ中…

94908ebf.jpg最近、パソコンの調子がおかしい。
正確に言うと、いつも使ってるソフトの動作が異常に遅くなってしまったのだ。たった一言一句入力するにも、HDへのアクセス表示(Win機での砂時計マーク)が出て、仕事にならない状態が続いている。他のアプリケーションは正常に動くのだが…。

もしかして…ウィルス入った?!ノートンには何も反応しないが…。
それとも先日入れたソフトでシステムいじった(…かも知れない)のが悪かったのか???





一応…メンテナンスソフトも買って試してみたのだが、それでも直らず。
ワタシの知識じゃ、これまで!!どうにもならん。
仕方無いので最後の手段。システムの再インストールです。
(ディスクスペースも余裕が無いし、要らんファイルも捨てたいので)

そんな訳で、只今ディスクの内容をバックアップ酎であります。

なかなか終わらんなぁ〜あと1時間はかかりそうだゾ...(+_+)



追記
あと2時間かかっても終わりそうにない...(--;
今夜はもうあきらめた!!とっとと帰るとしよう。。。

nobu1964jp at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々徒然 

2005年12月15日

鹿肉燻製

先日知人から「鹿の肉」をもらった。

最近、鹿の生息数は激増しているそうで・・・
樹皮を剥ぎ取って食べたりするので、植林地などではまことに困った存在のようである。それで駆除されたりするのだが、正直言って鹿の肉は煮ても焼いてももうひとつ…といった感が否めない。
美味い食べ方というと、新鮮なものをお刺し身で、というのが一般的か?
(イノシシだったら鍋にしたり炭火で焼いたりして美味しくいただけるのだが)

今回もらったブツは冷凍物で、とてもお刺し身に出来る鮮度のものではない。知人もおそらく処分に困ったのだろう。
「誰か持って帰ってくれ〜!」・・・というわけで、いただいてきたものだ。

さて、この鹿肉というのは、部位にもよると思うが…脂身がほとんど無く、煮ても焼いても全然美味くない。なので、「燻製」にしてみました。

まずはタレに漬け込んで味付けです。このタレは、もう10年使い続けている秘伝のタレです。










・・・ウソです。タレはものの5分で出来ちゃいます。


本に載ってたレシピ通り、赤ワイン2,醤油1,砂糖0.5,塩大サジ1〜2杯程度の割合で混ぜ、スパイス各種を適量。私はナツメグ・シナモン・その他を・・・何の根拠もなく混ぜております。
おっと、ニンニクはあった方が良いですね。これは忘れずに、一かけら程度。


燻製1・・・で、肉を一口サイズに切ってタレに一昼夜漬け込み、続いて乾燥です。今ごろの冷たく乾いた空気にさらすのが一番ですが、なかなかそうも行きませんので・・・冷蔵庫で乾燥させました。そしたら冷蔵庫の中に臭いが移ってしまった...(>_<)








肉が適度に乾燥したらいよいよ燻煙ですが、その前に肉をスモーカーにセットして熱風乾燥。そして燻煙用のチップをセットしてフタをして、燻煙。


でき上がったのがこれ。(画像が黒くてよく見えませんが…)


燻製2出来立ては味が落ち着いてないので、たいてい不味いです。でも、火の通り具合ぐらいはみておいた方が良いでしょう。火が通り過ぎても美味しくないですが、肉が「生」の状態だとまずいので・・・。







燻製3















一晩置いたぐらいからが、美味しくいただけると思います。今回のは、思ったより味が薄かった。脂身ほとんど無いんで味がしみやすいと思ったけど・・・それでも、まあ・・・肉が熟成されて旨味が増えた感じがします。
燻製は牛肉で作る場合でも脂身が少ない方が良い(燻製本来の「保存食」という点では脂身が無い方が保存が利く)ので、鹿の肉は燻製に持ってこいです。
ただ、たま〜にしか手に入らないのが難点ですが。

nobu1964jp at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)食いモンなど… 

2005年12月14日

隼人ゴールド芋

昨夜は三日ぶりの焼酎、「相良」の割り水燗つけでした。ささやかな楽しみです。


ダレヤメ


















寒くなってくると、こういうスタイルで飲むのが良いですねぇ。
元々アルコール耐性が弱くゴイゴイ飲むタイプではないので、コップで飲んでると途中で冷えてしまうのです。部屋もメチャ寒いし。
この酒器は都城の酒屋さんで買ったもの。値段も手頃で、量的にも1合ほどでしょうか?私にはちょうどよいサイズです。

つまみに食べたお芋は、垂水の道の駅で買ってきた「隼人ゴールド」という品種。初めて食べたような気が…。
ご覧の通りゴールドというか…濃いオレンジ色で普通のお芋とは色が全然違いますね。ビタミンやベータカロチンなどの栄養分もたっぷり入っているんだそうです。
これは蒸かし芋ではなく、スモーカーをオーブン代わりに1時間ほどじっくり火を通したので、甘味がしっかり出ています。もう甘すぎるぐらい。中身も柔らかくて、口に含むとトロけてしまいました。

美味しいお芋です。お勧めです。焼酎のつまみに合うどうかは微妙ですが・・・

nobu1964jp at 15:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0)食いモンなど… 

2005年12月13日

精酎組忘年会

鷹土曜日の夜は飲み会でした。
場所は鹿児島は名山町の小料理屋「鷹」。芋焼酎を深く愛する方々の集まり、「薩摩精酎組」の忘年会へのお誘いをいただいたので、初めて参加させてもらいました。

こだまさん以外の方々とは初対面でしたが、にっしー組長はじめ、皆様に大変暖かく迎えていただき楽しく過ごすことが出来ました。













泡波席に着くなり、いきなり出されたのはRyoさんご持参の泡盛でした。
「泡波」…何でも生産量が少ないため、都会では驚くほどの高値で売られることもあるとか・・・。

うーむ...米焼酎に似てなくもないが、これは初めての味わいでした。初め澄んだ味わいのように感じましたが、なおかつ奥行きがあるというか深いというか・・・美味なる酒をありがとうございました。








鍋かにスキ鍋も暖かく美味しかったです。それ以上に暖かい人と人の交流。同じ焼酎を飲んで盛り上がれる。いや〜最高です...(^^)










「園の露」初めて飲みましたが、美味かったです。
それに、干支ラベルの「白波」も。。。
「園の露」は、以前飲んだことのある「北薩摩」と中身は同じとか・・・でも、一層美味く感じましたね。まあ、他にも…焼酎の肴になる諸々のトークがメチャ面白かったですが。


コレクション1コレクション2










Aptiva野郎さんのラベルコレクション。マニアには垂涎ものです。しかも全部未使用品。あぷさんの焼酎探索に掛ける熱意はただならぬものがあります。私も飲んだ空き瓶は置いてますが、かなりたまってきたし、そろそろラベルを剥がさなければ・・・。



そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎて、午後11時前に散会。
次回もぜひ参加したいものです。


小雨の降る中、皆様それぞれの向かうところへ?帰って行かれました。


山形屋天文館1天文館2











私は天文館のイルミネーションを横目に見つつ〜本日の宿、愛車のベッドへもぐり込んだのでした。



ストラップお土産までいただきました。
なぜか地元人吉の「たる繊月」のストラップでしたが(笑)
手近にこういうモノがあると癒されます。(…飲みたくもなるが…)
どーも、ありがとうございました...(^^)








nobu1964jp at 00:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)飲ン方 | 軍団ねた

2005年12月12日

またまた雪が・・・

土〜日の行動で、一週間分のブログネタが出来たような気がしますが、、、
とりあえず本日のマス目を埋めとこう。


・・・ということで、


雪今日は一日中ホントに寒かったですね{{ (>_<) }}
仕事で通りかかった国道221号線。加久藤トンネル付近はかなり雪が舞ってました。
きっと、明日の朝は一面の銀世界となっていることでしょう。


















ふゆいちご紅葉が過ぎた山の中でも、こんな苺が実をつけています。「ふゆいちご」です。
寒くなった枯れ色の林の中では、こんな小さな実でもよく目に付きます。
ちょっと酸っぱいですが、昔はよくとって食べてました。















チェーンさて...明日の朝は、もしかすると平地でも積もるかも。
そんなわけで、そろそろタイヤチェーンの準備など。ま、会社までは一直線の道で坂道もないので、まだ一度も役に立ったことはないんですが...(^^;
いずれにしても、しばらく寒い日が続きそうなので、皆様ご自愛のほどを・・・

nobu1964jp at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)季節 

2005年12月11日

今日は・・・

0220723a.jpg夕方遅くに帰ってきて、そのまま忘年会に参加酎であります。只今、かなりグロッキーなんですが・・・

で、恒例の持ち込み酎は、球磨焼酎最大手・高橋酒造の20年振りの新製品「待宵」です。
減圧ですが、全麹仕込みということで「果たしてどんなもんじゃろか?」と、とりあえず試飲!の予定でしたが・・・
残念なことに...(__;)







この続きはまた後ほど。。。


追記
昨夜は大変お世話になりました。
また次回お会い出来るのを楽しみにしております(^^)

nobu1964jp at 21:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)焼酎